読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Sep.2021
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
- タ行
+
+
-
塚本ヨ史
月村了衛
辻原 登
辻村深月
筒井康隆
津村記久子
+
+
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
春申君 塚本ヨ史

晋と楚の二大国とその狭間にある小国の数々、晋の有力者の韓氏、魏氏、趙氏がそれぞれ独立して韓、魏、趙の三国に分割となり、小国乱立の中、相変わらず強国だった楚、どんどん力をつけて来る秦。

その戦国時代も秦の始皇帝の登場で終焉するわけだが、その終焉する手前の何十年間を背景として据えている。

戦国四君の一人と言われる春申君。

戦国四君とは斉の孟嘗君、趙の平原君、魏の信陵君、そして楚の春申君なのだそうだが、何故この四人が戦国四君なのだろうか。

孟嘗君なら理解できるが、以外は単に「君」を号しただけではないのか。

将軍としてなら、この本にも登場する白起などの方が、はるかに名将だろうし、宰相として有能な人というなら、やはりこの4人ではないだろう。
共通点は、食客を何百、何千と集めたところなのだろうから、この「君」の定義は食客の多い人、なのだろうか。


この著者の本、時代背景というか前提無しでいきなり始まるようで、宮城谷本を読破した方ならなんとも無かろうが、そうでも無ければなかなか物語に入って行けなかったのではないだろうか。

登場する人物についても、宮城谷本か何かを読んだ人でなければなかなか、ついていけないのではないか、という気がしてならない。

宮城谷の本はほとんどが楚を脅威とみなす楚の北の国の登場人物が多いので、楚の視点から描かれたこの「春申君」は宮城谷とは別の視点を追い求めた結果なのかもしれない。

さすがに孟嘗君を悪く書いているところはないが、宮城谷が『奇貨居くべし』という長編の主人公に据えた呂不韋などは、まるで武器の商人、悪徳商人のごとき扱いなので、やはり楚から見た眼というものもたまには必要なのかもしれないが、それにしてはどの人物も描き切れていない。

この本の中に白起が趙軍を撃破してその敵兵40万人を生き埋めにした、とある。
実際に何かの史書に書かれているのだろうが出典は書いていない。
中国の古代史、いや古代史どころか現代史でも有りがちであるが、こういう何十万人云々はよく出てくる。

だが、実際に考えてみてどうだろうか。

死んだ人間、40万人を土葬にするだけだって壮大なスケールの土木工事が必要になるだろうに、ましてや相手は生きた敵兵でそれを生き埋め、って一将軍が撃破だ、突破だ、という行為だけで為せる技ではないだろう。
それこそ、魔法使いでも無い限り。

こういう話が残っている、ということは、誰かがそのように喧伝して廻ったという事実があるのみで、40万どころか、100人の生き埋めがあったかどうかさえ疑わしい。

しからば、そのように喧伝して得をしたのは誰か。
秦の横暴を唱えたい側か、秦に逆らうと恐いぞ、脅しに使う秦の側か。

はたまた秦の後の漢の時代にでも白起の凄まじさを表現する誰かが書きあげてしまったのか。

こういうあたりを素通りしてしまうところが、この本の奥行きを無くしているように思える。

いずれにしてもまた一人、中国の古代史を描く人が現れたのは喜ばしいことには違いないが、どうにもまだまだ、時代の風景が見えるところまで行っていないのが少々残念である。



05/Apr.2011
?y????圈?a href="/cp-bin/blog/index.php?cid=324">月村了衛 著

??{???q??B
??x????????????R??B

???????A?????????c??P???????????B

?\?}???A???C?????x?????W?v?`????_??u???q??B
????^?????C?????????w???R?v?^?[??{?????B

?P?Q?l????????{?????????\???}?A????iタ????\?}???????h????j?????B
?????????~??????R?l?????B

?\?}???A???????????A????????????????B
??????????????e??????????m?F??A??????????????????B
???????A?R????????Q???????Aゥ?q?????????Q???????B
???????????????????c???q?????????????????B

?u??X???{???q???v???????????????b???????????A??E????????{?B??u?b??????v??f?i???????B?????c??????L????????E???B

?S???????????????????x???B
????^タ??N???m????????y????y???????s?????B
??v?????????????o?????l???q???A?????A????i???????????A?G??|ヒ???u???F?A??A???????B

?u?????????????????v
???A?????????????????E?E?B

???????????????q?????R???????B

ゥ?q?????_???V?O?L???B
?????????????????H??I??????A??J???????????P??????A???????t?????t???m?b????????????W?c?????s??B

?r???A?e?????????W???q??????????????????G????B
??????l?A??l???????????A??????q???????????????A???????s??B

???????p???X???A???????????A?????????????A?t???J????????c???????A????U????????m??B

?????_????c????q??T??????????P??B
??|?I??l?????B?????B???E????e????B

????????????O??w?????????A???????Q???????????f????B
????A?????R???p???o????B

???b??o????l??????????m???F?A?p?Y??B

????t?B?N?V????????Aタ??????p?Y??????????????A???A????m???t?B?N?V???????????????t?B?N?V???????????????????B

ゥ?q??????B
?????タ????????A??}????f?B?A?????????W??????B
?????I??????????????????A?o?j?n??????????q???C?O?h?????x??F?????????B

???????????q???s????????????????????????B
?p?Y???????????j??????B
????A?????{???q?????B

??N????u??????????B???????????????????????????v??????????A?{??????B???o?????????????{??B


?y?????@????q ??


06/Apr.2016
?????蕁?a href="/cp-bin/blog/index.php?cid=130">辻村深月 著

?????o???????????????????B
????e??????s?s?A?s?D?????s???A????????????A??????B
??????????????????????@??????????B
???s?D。???????v??s?D。???????s??B

????h???????s?D。??A???????g???l?????????A?{?????A?????A?????????B


??v????A???b??{??????????B
?{??????????PO?c???A?????q????o?????????A????????????????e????????a???A????b?????v?w??{??????b????B
???^???}???V??????v?w???????????????R?A??e????A????e??b??{???????B

???????????????????????w??Q?N?????B
??????????????J?b?R???j???t??????A???????D?z???Z??A??D????????????B

?D?P???????e??{??????b????c??????????E?E????W?J?????A???\?A?{???o??????????????q???????????B

???????C????e????????A?e????A??l???????S????B
?????????J??????????B

?{?????q??????????v?w???A?????s?D。?????u??????v???????A?????n????????????????????????????B

???X?g??V?[?????????~???B


??????@?? ?[???
20/Jan.2017
?n?P???A?j???I 辻村深月

?A?j????E??????[?????{?B

?n?P?????A?j????E??h???????v????A?e?????????????B

??H?~???????l????????????????i?B
?A?j?????????????A??A?O?b?Y?E?L?????N?^?[?i?A?????p?b?P?[?W?S?????????????????A?????????????u?e??????v???????B

?????????B

?????A??l???????V????????????v???f???[?T?[??b?B

??????????q?b?g???????????????~??????o????A?r???????o???????????????????????l??V????B

??????????????????A?????d???o???????????????????v???f???[?T?[???????x???B
??????????r????悟H??????B

??????m???????C???^?r???A?[????????A?????????B

?????A????????i??e???????????????b?B
?????v???f???[?T?[??A???????????A?v?????[?g?????????^?C?v?B

??????d????????l??A?C?h???n???D???????o????????A?????????t??????????A?v???f???[?T?[?????????????B

????A?j????o????????????????X?^?b?t????O?????????g????????B


?????????????????B
????`???????B

??i??q?b?g????????O???????A????`??l??S????O??o???????????A???????????_???????A?m??l??m???????B


??n???????A?j????w?i?????y?n??t?@???????????????p????????????????????l???????l??R???r??????????B

?????????????u???A?v?B
???A????[タ??????????????m???????????A???????g??????m??????B

????A????????B

??f??????A?j??????????l??????A?????l?????????A???????l????????v???f???[?T?[????????A?O???????`??l??????A??f????u???r?[????j???????A??????A????[タ???????????????B



?n?P???A?j??!?@?? ?[???


25/Jan.2016
かがみの孤城 辻村深月

2018年の本屋大賞受賞作品。

今年の本屋さん書店員さんたちの一押しはこっちの方面だったか、と少しだけ意外ではありましたが、それはかつての受賞作が
「海賊とよばれた男」
「村上海賊の娘」
「舟を編む」
みたいな結構な大作が多かったからというだけで、決してこの本を貶しているわけではありません。

文科省の出した「学校に行けない子供たち」いわゆる不登校の小中学生数は13万人を超えたとのこと。
中学生に絞れば、全体の4%を超えるのだという。
1クラスに一人ぐらいの割合で存在することになる。
そういう意味では、この辻村さんのこの本の受賞も時流に合ったものといえるのかもしれない。

この本に登場する不登校の中学生たち、ある日自分の部屋の鏡が光りだし、その光に導かれて鏡の中の世界に入って行く。

主人公のこころは中学一年生。
まったくどうでもいいような言いがかりの様なことでクラスを牛耳っていた女子の標的にされてしまい、結果、家に閉じ籠もることに。

鏡の世界の中ではしっかり者の中三女子や、ジャージ姿のイケメンやひたすらゲーム機に熱中する男子、計男女7名。
その世界へ入られるのは3月30日までと期限付きながら、そこは学校に行くより、どこへ行くよりも居心地がいい。

当初は互いのプライバシーに踏み込む質問をしないのが暗黙のルールの様になっていたのだが、メンバの女子一人が学校の制服で鏡の世界に飛び込んで来たことで明らかになる。
同じ制服じゃないか、と。
そう。全員同じ中学だった。
で、勇気をふり絞って学校へ行って学校で会おうという話になるが、約束の日に誰も来ない。他のメンバも同じで皆向かったが誰にも会えなかった。

メンバの中にはそれぞれの現実世界がパラレルワールドなんだ、という人も居たが、このあたりでだいたい、想定が出来てしまった。

そして現実界で母親が相談に乗ってもらい、こころのところへも何度も足を運んでくれるフリースクールの喜多嶋先生はおそらく未来のこの人なんだろう、と想像出来てしまった。

終盤にかけて、何故学校へ行けなくなったのか、全員の事情が明らかになって行く。

親が原因の深刻なものもあれば、自分のついた嘘が原因のきっかけがささいなものまで様々。

途中年度か登場するフリースクールの喜多嶋先生と言う女性が何度か口にする

「闘わなくてもいいんだよ」

「自分のしたいことだけを考えて」

は作者からのメッセージではないだろうか。

中学の3年間など永い人生の中のほんの一握りでしかない。
ほんの一握りではあるけれど、将来の自分を形成させる通過点としてとても大切な3年間でもある。
その3年間がただ辛かっただけでいいはずがない。
この本が、本当に悩んでいる人たちに何かを伝えられたのかどうかは定かではないが・・。


かがみの孤城 辻村 深月著
23/Dec.2018
    12 >>