読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Aug.2022
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
テスカトリポカ 佐藤究

ものすごい本に出会ってしまった。

序盤からものすごい迫力シーンの連続。
メキシコの麻薬密売組織の凄まじさは日本のヤクザ屋さんなんかのもはや比較対象にもならないな。

麻薬組織が牛耳っている町では、もはや観光客の姿はなく、海外から取材に訪れた記者とカメラマンは二度と国境を超えることなく、死体で発見される。

警察も検察も麻薬組織に立ち向かえる術を持っていない。
汚職警官だからではない。正義を貫こうにも彼らにも愛する家族が居るからだ。

家族に危機が及ぶことがわかりきった世界で、彼らに立ち向かえるものなどいようはずが無い。

あるとすれば、縄張り争いとなった別の麻薬密売組織だけだろう。

その密売組織同士の抗争でライバル組織からアジト攻撃され、四人兄弟の内、一人だけ生き延びた男。
彼の生きる力は凄まじい。

と同時に人の命を奪うことへのあまりの容易さにも驚くが、それは単に彼が残虐非道な麻薬密売組織を牛耳っていたからというだけでは無かった。

彼の祖母に由来する。かつて彼の祖母の先祖はいにしえのアステカの戦士の長だった
人の心臓を取り出して、その顔の上に心臓を置くという儀式もアステカの神に対するいけにえの儀式なのだった。

この話、後に舞台を日本に移してからの箇所はともかく、前段を読んでいて、この話どこからがフィクションなのだろう。と思うことしばしば。

登場人物はフィクションにしても麻薬の運び方、隠し方、麻薬の種類、価格、そういう組織の在り方、世界における麻薬密売組織の影響力、市場規模。中南米のみならずインドネシアあたりでも実在のテロ組織の名前まで出てきたりする。
この作者はいったい何者なんだ。
麻薬密売組織の幹部と親しくなって、取材させてもらったとか。
もしそうなら、散々取材はさせてもらえても、二度と国境を超えさせてもらってないはずだろう。

巻末に大量の参考文献が掲げられているので、本から得た知識も多々あるのだろうが、何か実際に自分で体験しているものでなければ書けないんじゃないか、みたいに思えてならなかった。

それだけ描写が見事ということなのか。

話は四人兄弟の内の一人だけ生き延びた男が復讐を誓いつつ、まずは資金集めと新たな組織づくりのために臓器売買に手を出し始め、やがて舞台を日本に移してくるわけだが、物語の中でどんどんエスカレートしてくるのが、アステカ王国の神話の様な話。
いくら祖母から聞かされていたといったって、その祖母だってまた聞きのまた聞きだろうに。
なにゆえ、学者でもない彼がそこまでアステカの歴史に詳しいんだ。
それにこの本のタイトル(テスカトリポカ)もそうだが、一応日本語のルビとして登場するアステカの言葉、数が多すぎて、というよりなじみがなさすぎてだろうか。読むには読めてもあらためて言葉として発音してみろと言われても絶対にできない自信がある。

読み手の一人としてはそのあたりがちょっと辛かったところでもあるが、この本が物語として成立するにはアステカ文明のことがマストなのでそこは我慢して受け入れるしかないだろう。

テスカトリポカ  佐藤究著
21/Dec.2021
    1