読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Feb.2015
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
残り全部バケーション 伊坂幸太郎

伊坂という人、憎めない悪人書かせたら天下一品だな。
悪人というカテゴリに押し込めてしまっていいのだろうかとさえ思えて来る。
要は合法的でないことを「なりわい」とする人たちか。
裏家業の派遣屋さんみたいな表現を登場人物が言ってたっけ。

ベテランの溝口と若手の岡田という二人の裏家業コンビが主役の小編がいくつか。
岡田君は憎めないどころか。心優しい男。

「残り全部バケーション」
夫の浮気が原因で夫婦離婚。娘も一人住まいを始めようという一家最後の団欒の最中に父親の携帯に入って来た「友達になりませんか」という無作為メール。
常識的には削除して終わりだろうが、「友達になってみようか」って父親、何考えてんだか。母親も「いいんじゃない」って何考えてんだか。

普段は人を脅していくらの世界で生きているくせに、父親から虐待を受けている子供を助けたくって仕方がない岡田。
誰が何言ったって、その場限りで終わりだ。大きくなるまで辛抱しろ、とすげない溝口。どこで考えたのが、ターミネータの映画さながらに未来からその虐待父親がやって来て本人の説教させる演出を編み出してしまう。
この「タキオン作戦」という一編は傑作だ。

自分の父親が外国で活躍するスパイだと思い込んでいる小学生。
その同級生が岡田。
岡田の小学生時代が書かれているのが「小さな兵隊」。
岡田は同級生から何を考えているのかわからないやつ。「問題児」扱いされているが、問題児ならその答えとなる答え児もあるんじゃないか?
すごい発想だが、岡田の問題行動には確かに答えがあった。
彼は問題児でもなんでもない。
勇気あるれる正義感の強い子だった。

最後に溝口もいい味だしてる。
「とんでもない」という時に使うらしい「飛んでも八分、歩いて十分」というはやり言葉。
「飛んでも八分かかるなら歩くのと二分しか違わねーじゃん」
とくさす男に、それでも飛ぶだろ!飛びたいじゃねーか!と言い返すあたりはオッサンなのに可愛らしい。

冒頭の一家が最後の一編のどこかで登場するのが伊坂風だろうと思ったがさすがにそれは無かった。

圧巻はラストのあたりだろうが、それは書かない。

早く言ってみたいものだ。

残りの人生、全部バケーション!


残り全部バケーション 伊坂幸太郎 著


23/Feb.2015
県庁おもてなし課 有川浩

かつて高知県にパンダを誘致しようと提案した県庁職員が居た。
まだ上野動物園にしか日本にパンダが居なかった頃の話。
西日本の動物園客を全部高知県へ引っ張って来ようじゃないか。
高知市も高知県も動物園をという時期に二つを一緒にしてしまえばいい、という県庁のお役人さんにしてはかなり自由度の高い提案をぶちかますが、あえなく撃沈。
そういう過去の逸話が冒頭にあってから始まるのが、この「県庁おもてなし課」。

高知県庁におもてなし課が発足し、高知県出身の有名人に観光特使となってもらって、高知県をPRしてしてもらおうという試みがスタートする。
観光特使となってもらった著名な若手作家先生からの「一ヶ月たっても何の音沙汰も無い。あの話は流れたのか?」との問合せから始まって、その作家から何度も何度もダメだしを喰らう主人公の県庁職員。
作家先生はダメだしを出しているようで、次から次へとその職員へアイデアを提供してくれていた。
それをアドバイスだと取るかクレームだと取るかは受け手の問題。
この職員さんの素直でいいところはそれをアドバイスだと受け取ったところ。
それを実現して行こうとするが、常にぶち当たるのが、お役所という組織の壁。
何をしても空回りの中、主人公氏は作家先生へ助言を求める。
そして助言してもらったのが、外部スタッフの受け入れ。若い女性でフットワークが良い民間の人であること。そしてどんな意見であってもその人の言葉を第一命題として受け入れること。
そしてもう一つが、かつて県庁内にあった「パンダ誘致」の提案を調べてみること。

パンダ誘致論を唱えた人は、強烈な人だった。
おもてなし課へ来るなりぶち上げたのが、「高知県まるごとレジャーランド化計画」。
高知ほど自然の恵みを豊かに受けている都道府県が他にあるか?
東西に長い海岸、四万十川をはじめとする一級河川。川に関しては絶対に日本一。そして手ごろな高さの山。
これをフル活用しようというもの。予算は軽く見ても20億。

パンダ誘致論者の元職員が去った後、交通手段では不便極まりない馬路村という過疎の集落を訪れた主人公氏、そこで体験したことで目が覚める。

都会から来る人は便利さを求めて来るわけじゃない。不便さを楽しみに来ている。
新幹線もない。デズニーランドもUSJもない。金も無い。ないないづくしの高知に必要なのは交通インフラなどではない。

新たな予算で取り組んだのがトイレの充実、交通標識の整備、そして情報発信。
そして何より金のかからないのが県民一人一人のおもてなしマインド。
高知名物と言えば桂浜の坂本龍馬像だけじゃない。料理といえば皿鉢料理だけじゃない。
地元の人が当たり前に思って気付かないだけで、長い海岸線へ行けば、ホエールウォッチングも出来れば海亀の産卵も見られる。
山側にはパラグライダーの名所がある。
それに、どこへ行っても地元地元の食材を使ったうまい料理が山ほどある。
これを知らせる努力をして来たのか、と。

日本の「お・も・て・な・し」は五輪誘致に当たっての国としての公約のようなもの。
はたまた、今や地方再生は国の重要政策。
地方再生と言えば箱物へと走ってしまっているのが過去の行政だ。
この本にある話は高知に特化した話じゃない。
あらためて今だからこそこの本を手にとってみれば、何かのヒントにはなるのではないだろうか。

ちなみにパンダ誘致論者はフィクション。もちろんこの本そのものがフィクションではあるが、高知県庁におもてなし課は存在し、冒頭の観光特使となってからのぐだぐだのやり取りは作者の有川氏の実体験を元に書かれているのだという。



県庁おもてなし課 有川浩著


22/Feb.2015
殉愛 百田 尚樹

かれこれ10年間、この読み物あれこれを続けているが、1ヶ月丸ごと穴をあけてしまったのは2015年1月が初めてかもしれない。
別に天変地異が起こったわけでもないのに。

さて、良くも悪くもあちらこちらで取り上げられているこの本を読んでみた。

この本へのバッシングがものすごい。

バッシングの矛先は作者の百田尚樹氏へはもちろん、主役のさくら女史、そればかりか出版社へも。

どうなんだろ。そこまでボロクソに叩かれなきゃならないほどのものだろうか。

なるほど、確かにアルファベットで登場するK氏やU氏という特定の人物への見方がかなり一方的だな、という感じはした。
また、新たに来た奥さんになる前の彼女に対する態度なら、そんなものだろうな、という感じもした。
いずれにしろK氏やU氏への裏付け取材は行っていないだろう。
では裏付けがないからノンフィクションではないのか?
ジャーナリズムが裏付け取材無しに記事を書く事は致命的だろうが、この本は報道では無い。
さくらという女性に徹底的にヒアリングし、彼女の立場から彼女の視点からのみの取材に基づいたノンフィクションと言えば、ノンフィクションだろう。

たかじんそのものがさくら女史と出会って幸せだったかどうかは巻頭にある二人で一緒の時のたかじんの安心しきった様な笑顔を見れば、一目瞭然だろう。

ただ本人としては最後まで新地でワインを飲み続け、タバコも吸い続け、仕事も続け、ある日突然ばったり、という生き方、死に方を望んでいたかもしれない。
だが、そうなっていれば、「やしきたかじん」の名を冠しての番組は追悼番組と共に消え去っていたのではあるまいか。

病に倒れたが「必ず復帰をお待ちしてます」との意をこめて関西の「たかじん」の冠3番組は本人不在の1年を乗り切った。
1年後に復活を遂げるが、1ヶ月もたたずに再入院。
それでも「みんな待っていますよ」と冠をつけた番組は本人不在のまま続行されて来た。
本人不在でも続けられる冠番組として定着してしまった。ご本人ご逝去の後も3番組共、まだ「たかじんの○○○○」と冠を付けたまま、はや1年が過ぎた。
もうずっとそのまま続き続けるだろう。

それにしても、病が発覚してからの2年間というもの、一人の家鋪隆仁という素の人間に戻ったなら最愛の人と過ごした幸せな期間と言えば幸せだったろうが、もう一方の「やしきたかじん」という立場に立った時はつらいつらい2年間だっただろう、とつくづく思う。
待ってもらっているスタッフ、番組、視聴者、彼らを裏切るわけにはいかない、という強い思い。
自ら、「三宅先生が亡くなったらこの番組はその時を持ってやめる」と言い切っていたものが、三宅先生には先立たれ、且つ「続けなさい」という遺言まで渡され、自分の意識さえ混濁する中、転院に継ぐ転院。

それにしてもバッシングの嵐はどこまでが捏造だと言っているのだろう。

さくら女史の過去がどうであれ、この2年間の彼女の懸命な看護も介護も全て捏造なのだろうか。
その症状から病を調べ、担当の先生に治療法を相談しに行き、そこが無理ならもっと専門の医師のいる病院へ転院し・・・。
たかじんなら、その先生への義理からおそらくやらないだろうことをやってのける。

各病院の先生方、看護師の方々は皆、実名で書かれている。
それらの方々をして「あんな看護を見た事が無い」と驚嘆せしめている、懸命な看護も皆百田氏の捏造だとでも?
ならば、実名で書かれた方々が真っ先にクレームをつけるなりでそれこそもっと大騒動だろう。

やっぱり、お金の問題で揉めている最中の事柄を話題にし、且つ片方にだけ肩入れしたりすると、某かのバッシングは覚悟せねばならない、ということなのだろう。


殉愛 百田尚樹 著


10/Feb.2015
    1