読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Oct.2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
- ハ行
+
+
-
フィリップ・プルマン
深木章子
福井惇
藤 和彦
藤沢周平
藤谷 治
藤田宜永
船橋 洋一
フランク ブレイディー
古内 一絵
ブノワ・デュトゥールトゥル
ブライアン・フリーマントル
+
+
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
ライラの冒険シリーズ フィリップ・プルマン

ハリーポッターやナルニア国物語など、有名なファンタジー文学はイギリスで生まれています。
現実離れした世界で魔法が使えたり空を飛べたり。いろいろなピンチはあるけれど、
最後にはハッピーエンドが待っています。

ところが、このライラの冒険シリーズ、ちょっとほかのファンタジーと違うのです。

ライラの冒険シリーズは「黄金の羅針盤 上・下」「神秘の短剣 上・下」「琥珀の望遠鏡 上・下」の6冊で完結します。

ライラというおてんばな女の子が主人公。
現実に近いような、でも何かが少し違うライラの世界。
明らかに現実と違うのは、ライラの世界ではダイモンという守護精霊を全ての人が持っていること。
守護精霊は動物で、子供のうちは姿を変化させますが大人になるとその人を最もよくあらわす動物の姿に定まります。
ライラはジョーダン学寮とよばれるところで孤児と一緒に育てられていますが、
周りの大人たちはライラが特別な子供であることを知っています。
友達とやんちゃばかりをして過ごしていたライラは、ある美しい女性が尋ねてきたことがきっかけで、学寮を飛び出し冒険へ出かけます。

物語の始まりの「黄金の羅針盤」は冒険の始まりでファンタジーらしい要素が詰まっています。魔女が出てきたりくまに乗ったり。
でも物語が進むにつれ、ライラは人の人生や命を左右することまで選択しなければならない状況へと追いやられていきます。

この物語を読んだきっかけは映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」をDVDで観たこと。
「ライラの冒険 黄金の羅針盤」は小説「黄金の羅針盤 上・下」を映画化したもので、続編も製作予定と聞いていたので本を読んでしまってから続きの映画も見ようと思っていたのですが、本を読み終えて、「コレを映画化できるのだろうか」と頭にはてなが浮かびました。
次回作の公開予定を調べてみるとやっぱり。
北米カトリック連盟が、無神論をといているようなこの作品を観ないようボイコットをしたようで、アメリカでの興行収入が伸びず続編の製作を断念したそうです。

この物語がちょっとほかのファンタジーと違うと言ったのは、ライラの状況から自分の思想について考えさせられること。そして物語の終わり方がハッピーエンドなのかどうかも読んだ人の考え方次第ということ
作者フィリップ・プルマンは「無神論をすすめているなんてばかげている」と話していますが、そう感じる人がいてもしょうがないかなというのが正直な感想です。
だからといって映画にしてはいけないとも、子供が読んではいけないとも思いませんが。当たり前のように何かを信じる怖さもあるし、信じる事で救われることもあるし。
生まれたときから何かをただ信じてきた子供が、ファンタジーの物語を通して、
自分が何をどう信じていくかを考えるチャンスになるかもしれません。

ただ楽しもうと思って読むと、ちょっとしんどいファンタジーかもしれませんが、大人にも子供にもオススメしたい作品です。




ライラの冒険 黄金の羅針盤 フィリップ プルマン著, Philip Pullman , 大久保 寛 (翻訳)


22/Nov.2010
狼・さそり・大地の牙 福井惇

筆者は前段で新聞記者の有り方、取材の仕方というものを書いています。

これぞかつての新聞記者魂というものなのでしょう。
筆者には近頃の警察、検察発表をそのまま垂れ流しのテレビニュース、新聞記事が多いに気に入らないことでしょう。

松本サリン事件の頃のジャーナリズムも批判していますから、「最近」でもないですが、筆者ほどの超ベテランにかかると14、5年前でも最近のうちなのでしょう。


狼、さそり、大地の牙とは「東アジア反日武装戦線」というテロ集団を構成するそのグループの名前。
グループと言ったってそれぞれ二人、三人やそこらの集団で、日本赤軍などよりもはるかに小規模。

丸の内の三菱重工本社ビルを爆破したのに続き、三井物産本社ビル爆破、大成建設、鹿島建設、間組と大手ゼネコンのビルや資材置き場を次々と爆破。
いずれも1970年代の事件で全てこの東アジア反日武装戦線を名乗るテロ集団の巻き起こしたこと。

中でも三菱重工ビルの爆破では死者8名。筆者が現場を歩いた時にはざっと400名ほどの人たちが血まみれになって道路に倒れていたという。


「警察の発表でしか記事を書けない記者は、新聞社を辞めて、他の仕事を見つけろ!」と部下の若手記者たちにはっぱをかけます。
部下の優秀な若手記者たちは、山谷のドヤ街へ数日間潜り込んだり、ある時は容疑者と思わしき人物が見張れる場所にある家具屋に身分を隠して店員となって働き・・、新聞記者とはそこまでするものなのか、店の人にまで驚かれる。

取材をするというよりもはや捜査ではないか、と思われるような仕事ぶりである。

そうして、この筆者がキャップをしていたその当時の産経新聞の社会部は次々と特ダネ、スクープをものにして行く。

この本の後段では、この連続爆破事件を起こした、狼、さそり、大地の牙の構成員のそれぞれの生い立ちや裁判の過程などが書かれているのだが、それを読んでも尚且つ、彼らの行いたかったことはやはり見えてこない。

昨今流行りになりつつある、誰でも良かった的な殺人犯とどう違うのか。
思想的な背景と言ったって、ビル爆破で死んで行った人たちはごくごく普通のサラリーマンやウーマンだっただろう。
彼らは浅間山荘事件の赤軍派やよど号をハイジャックした連中を冷ややかに見ながらも自ら行うのは連続爆破、それこそ無差別テロじゃないか。
「腹腹時計」という教本を作り、爆弾の作り方やら、普段の目立たない行いやらを指南し、自らもごくごく普通の平凡なサラリーマンとして平日昼間を過ごし、夜中にこつこつとこんな計画を練っていたわけだ。

もはや狂信者のようなものなので、連中の行動云々をあげつらっても仕方がないだろう。
それにしても問題は裁判だ。

法廷では「東アジア反日武装戦線兵士」と名乗るだけで自分の名前さえ名乗らない。

自ら「兵士」と名乗る以上、敵に捕らえられた以上、死ぬ覚悟ぐらい出来ているであろうに、待遇改善を主張し、権利ばかりを主張する。
兵士というぐらいなんだから、裁判などちゃっちゃと終わらせて全員銃殺刑にしたところでそれが兵士たる彼らの本望だろうに、そこは法治国家、そんな人民裁判のようなことは行われない。
主犯の大道寺何某への死刑の確定まで事件から13年も経過している。
それどころか死刑確定以後執行されずに平成の世でも生きている。

それにしてもこんな連中を支援する団体があったり、弁護する人間がいたことにあらためて驚く。いや、過去形ではないのだろう。おそらく今もいるのだろう。そういう人たちは。

彼ら服役した自称兵士達の中には、時の首相のあの有名な「人命は地球より重し」の言葉で、超法規的措置とやらで大金渡された上で出獄し、海外でテロ活動を継続した者もいる。
その際の日本の首相の判断には海外から日本はテロリストを世界にばら撒くばかりか、テロリストに活動資金まで渡すのか、と非難轟々だったにも関わらず、首相の耳にまで届かなかったのか、首相はどこ吹く風。

なんか、「命を守りたい!」といきなり施政方針演説を行った誰かさんに近いものがある。
誰かさんも「非難轟々」にはいつもどこ吹く風だし。


この本の中には同じ実行犯でも実名で書かれている者もいれば、M子、F、Uなどと実名を伏せられている者もいる。

実名を伏せられているということは、もう既に実刑を終えて世に出て来ている、ということなのだろう。
こんな連中が今や60過ぎとは言え、世の中に出てしまっているわけだ。

その60過ぎの兵士さんたちは20代後半から壮年期を塀の中で過ごし、出て来た後に何を思うのだろう。

子供手当てだの、高校無償化だのの政策の傍らで高い高い法人税を取られながら青息吐息状態の企業などを見るにつけ、おお、これぞ我々の目指した帝国主義的資本主義の崩壊だ!爆弾を使わずにやり遂げたか同志首相!とでも思うのだろうか。


狼・さそり・大地の牙 「連続企業爆破」35年目の真実  福井惇 著


12/Mar.2010
日露エネルギー同盟 藤 和彦

今年(2013年)の1月に出版された本。
安倍首相が誕生して一ヶ月経つか経たないかの時期に出版され、その後の安倍政権の指南本にでもなったのではないか、とすら思えるほどに事実がその後をなぞっている。

タイトルこそ、日露エネルギー同盟だが、本書の大半はアメリカ、欧州、中国のそれぞれの危機、今後の心配事にページが割かれている。

アメリカでのシェールガス革命以降、もはやアメリカは中東の石油に依存する必要がなくなる。
となれば、アメリカは中東から徐々に距離を置き始めるのではないか。
ならばアジアに軸足を移すかと思いきや、アジアからも手を引き、アメリカは世界の警察であることをやめてしまうのではないか。
アメリカはかつてのモンロー主義ならぬ新モンロー主義に走るのではないか。

中国は成長が鈍化し、急成長で維持していた国内の不満を対外に向けるためにも、南シナ海、東シナ海での緊張状態をもっと高めるのであろう。
今後は、もはや戦争も辞さずの構えで来るだろうから、一触即発の危機は常にある。
アメリカのことも中国のことも複数の著名な方、著名な新聞の記事なども引用しながら説明されている。

このあたりのことについてとなると、以前、中国については誰よりも詳しいと言われる石平氏にお話を伺ったことがある。
石平さん曰く、尖閣周辺の緊張は今後何年も何年も続くでしょう。
中国は一触即発のギリギリのところまで、意図的にやってくるでしょう、
習近平は軍に対しても国内メディアに対しても強気の発言を続けるでしょう。
でも、一線を超えることは決してしませんよ。
そこでしくじったら習近平の立場がなくなるどころか、共産党一党支配の体制そのものも崩壊してしまうでしょうから。

と、緊張は続いても戦争にはしない、というご意見だった。

いずれにしろ、アメリカが中東から完全に引くとなると、ホルムズ海峡を通る原油に依存する日本に心配事が増える。

中東各国も石油の国内消費が増えつつあり、輸出一辺倒ではなくなってくる。

中国の覇権主義に対抗するための防波堤としてもその周辺国と緊密な関係を築く必要がある。

その中でも最も重要ななのはロシアだ、と。

そして、石油からガスへとエネルギー源が変わっていくのは、もはや世の趨勢である、と。
日本は樺太から北海道を経由して日本国中に建設された高速道路網を使ってパイプラインを建設すべきだ、と。
筆者の提言は続く。

安倍政権は発足直後に自ら東南アジアを歴訪し、GW期間中主要閣僚は東南アジア、自らはロシアへ赴き、プーチン大統領と会談。
2プラス2の立ち上げまで話を展開させてきた。

ロシアも実は中国との間でウラジオストックを巡って領土問題を抱えているのだ。

なんだか、ここまで符合してくると、この著者、ひょっとして安倍政権のブレーンにでも入ったのではないか、とさえ思えてくる。

もともと経産省から内閣官房へ出向した経歴を持つ人だ。
あながち有り得ない話ではないかもしれない。

日露エネルギー同盟 藤 和彦 著


17/May.2013
驟(はし)り雨  藤沢周平

驟(はし)り雨  藤沢周平 著

時代小説は読みにくいイメージがあったのですが、短編なら読めるかなと思って選んだ一冊。

おもしろいと思ったのは「泣かない女」という話。


ざっとあらすじ。

主人公の男、道蔵は足の悪い女房のお才と別れて、ほかの女と一緒になろうと考えていた。
そしてその事をお才に話すと、お才は泣くでもなく、責めるでもなく、あっという間に荷物をまとめて出て行ってしまう。

いなくなってしまってから急に慌てだす道蔵。
そしてお才を追いかけていって・・・。

なるほど、こんな風にしたら男の人は逃げていかないのか、と一瞬思いましたが、
こんなだらしない男の人に、こんなに都合よくやってられるかいなと思い直しました。

でもなぜか魅力的に思えるこの二人。それは時代背景のせいなのでしょうか。
その時代を生きたことは無いのに、頭の中に二人の光景が広がります。

男がいわゆる「男」らしく、女がいわゆる「女」らしかった時代。
携帯電話もなくて、擦れ違ってしまったらもう二度と会えなくなってしまうかもしれなかった時代。
今より多くのことが許せて、やり直せた時代だったのかもしれません。

そんな時代なら私もかわいい女になれたのかな。と思った一冊でした。



驟(はし)り雨    藤沢 周平 (著)


13/Jul.2010
ぼくらのひみつ  藤谷 治

昔、手塚治虫の描いた漫画に「時間よー止まれ!」と叫ぶ少年が登場するものがあった。全ての時間が止まっている中、その少年だけが動くことが出来る。
街中を歩く人、階段を駆け上がる人、昼飯にうどんを食べている人、皆、時間が止まると同時に静止してしまう。

この本の主人公も時間が止まるということに遭遇する。
時は2001年10月12日午前11時31分。

手塚治虫の「時間よー止まれ!」と決定的に違うのは、周囲の人は動いている、というところだろう。
もう一つ決定的に違うのは「時間よー止まれ!」と自ら能動的に止めて、能動的な意思で動かすという便利なシロモノではなく、この主人公は止まった時間から抜け出せずにいる、ということだろうか。

外へ出て、道行く人、道行く人に時間を尋ねてみると返って来るのは必ず、11時31分。
117の時報へ電話をすると、返って来るのは、延々と同じ時間。午前11時31分○○秒をお知らせします・・・。

寝ても11時31分、覚めても11時31分、延々と読書をしても同じ11時31分。

テレビでは同じクッキングにワンシーンとCMのワンシーンが延々と繰り返される。

この同一時刻の世界には二通りの人が居ることに主人公は気がつく。
固定的な人間と流動的な人間。

流動的な人間というのは道ですれ違った人達など。彼らはその時点で11時31分に存在しても次の時間へと移動して行ったはずである。

固定的な人間というのは必ず同じ場所に居なければならない人、居るはずの人。
喫茶店のマスター、ウエィトレス、本屋の店主、など毎日出かけて行っても、というこの毎日という概念も同じ日の同じ時刻なので毎日と言えるのかどうかさえわからない世界なのだが、とにかく目が覚めて出かけて行っても同じ日の11時31分。
必ずそこに存在する。

主人公氏はこの奇妙な世界を利用する手はないものか、と泥棒なんぞを思いつく。
留守の家へ入って堂々と現金を頂戴して来る。
現行犯で無い限りは発覚するのは11時31分より後に決まっている。
そうやって旅行鞄三つ分ほどの現金を集めてみるが、やがてそれも飽きてしまう。

時間が動かない、そう、そのせいで電車にもまともに乗ることが出来ないのだ。
次の電車が11時34分発なら、その3分後は永久に来ない。

なんとも不幸としか言いようのない世界に入り込んでしまっている。

唯一の救いは固定的な人間であれ、流動的な人間であれ、この主人公氏と同じ空間に存在している以上は同じ時間、つまりはずーっと同じ11時31分を過ごすことが出来るというところだろうか。


そんな暮らしを続けながら、ノートをしたためる。

ノート、所謂、日記。
同じ日の同じ時間ばかりの日記。

この日記というか手記というか、これがだんだんと破たんをきたして来るのだ。

ひらがなだけで埋め尽くされたこの手記を読んだ時は、『アルジャーノンに花束を』のチャーリイの最後の方の文章を想起させられてしまった。
ひらがなだけで句点も句読点も無い文章はなんとも読みづらいものである。

人が一分で通りすぎてしまう時間をずっと過ごすことが出来るということは考えようによっては、後の世界の歴史すら変えるようなことが出来たかもしれないのだが、主人公氏は同じ11時31分の間に何千冊もの本を読み、何千回という睡眠をとる。
おそらく本人の体感的には10年以上の歳月を送ってしまったのだろう。

「なんで11時31分だ!笑っていいともも見られないじゃないか」の嘆きには思わず笑ってしまった。
笑っていいともが仮に面白かったとしたって同じシーンの繰り返しじゃしかたないでしょうし。

彼は決してこの地上でたった一人しかいない孤独な存在ではないはずなのだがその孤独さ、は『アイ・アム・レジェンド』の主人公をしのぎ、その虚無感は明日の無い死刑囚をしのぐのではないだろうか。
なんとも摩訶不思議な世界を描いたものである。

ぼくらのひみつ (想像力の文学)  藤谷治 著


15/Jul.2010
    123 >>