読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Sep.2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
- カ行
+
+
+
-
競馬の終わり 杉山俊彦
ケインとアベル ジェフリー・アーチャー
検察側の罪人 雫井脩介
県庁おもてなし課 有川浩
幻庵(上)(下) 百田 尚樹
現代中国女工哀史 レスリー・T. チャン
現代日本の転機 高原基彰
+
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
競馬の終わり 杉山俊彦

このタイトルから未来物(SFもの)を想像する人は少ないんだろうな。

西暦2110年代、今から100年後の世界が舞台だ。

自然災害が地球各地を襲い、アフリカは干ばつに見舞われ、東南アジアを巨大津波が襲い、ヨーロッパはイナゴとネズミが大量発生し、農業を壊滅させ、交通機関や通信網などのインフラもズタズタに。
さらに、イナゴとネズミは原発にも押し寄せ、三つの原発で事故を誘発する。
そしてアメリカへはハリケーンが襲い、大都市を掃除機のように巻き込む。
国際金融資本はアメリカから逃避し、株安、ドル安、債権安で経済は失墜。
軍事的にも力を失う。
中国は黄砂による被害程度で自然災害からはまぬがれるが、別の意味で危機を迎える。
人民解放軍がクーデターを起こし、軍政府が出来あがるが軍に二十億にまでなった人民を統治出来ず、軍政府も崩壊し、各地の軍閥化で国は分断される。

唯一、災害からもクーデターからも無縁だったのが、ロシアと日本。
そのロシアが南下して来る。
ロシアはまず中国へ南下し北京、天津を占領するや山東、遼東の両半島を制圧。
広大な領土には全く興味を示さず、次のターゲットを日本に据える。
方や尖閣をとっかかりに九州上陸。
方や宗谷岬に上陸するや南下を始める。
西は京都が占領され、東は東京が占領される。
そして日本は降伏し、ロシアの植民地に・・。

そんな背景の中、サラブレッド育成する牧場主とそこで生まれたサラブレッドの物語が始まる。

この本の出版は2009年10月。

100年を待たずしてほんの1年半後には上の近未来の類似が現代を襲う。
中南米のハイチでも大地震があったかと思えば。
オーストラシアの大洪水。
ニュージーランドの大地震。
アメリカでも季節外れの大雪やミシシッピ川の洪水もあった。
極めつけが3.11東日本を襲った超巨大地震と大津波に原発事故。
その後、アメリカの国債の格付けが下がり、ドル安になり・・・。
と上記の小説の舞台をはるかに先回りした事態が次々と起こっている。

さすがに中国のクーデターは起こっていないが、北アフリカでは民衆のデモから始まる政権転覆が起きた。

この本、そんな近未来を舞台にしながらも何故か競馬というものを題材として扱う。
政治情勢や経済情勢の近未来なんて重たすぎて書けないもんね。

サラブレッドの血筋というものを描くことにかなりのページを割いている。
優良な馬は生き残り、負けた馬は殺される。
優秀なものだけが血統を残す権利が与えられる。
これだけ血筋というものを描くのは、人間もやがて・・・という展開なのか、と思ったが少々赴きの違う方向へ。

サラブレッドのサイボーグ化を政府は推し進めようとするのだ。
人間も「腹脳」と呼ばれる人工の脳の補完機能を開発しており、かなりの人がそれを自分の脳と併用している。

馬をサイボーグ化したり人間の脳の補完機能が出来る技術のある時代に自動車については自動運転機能すらなかったりする。
今でもかなりその方面の技術は進んでいると思うのだが・・。
いろいろと突っ込みを入れていけばキリがないのでやめておく。

馬のサイボーグ化は、いずれ人間をサイボーグ化するための前準備ではないか、とかいろいろ憶測が飛ぶわけだけだが、何と言ってもこの物語。
主役は競馬だ。

サイバーグではない、自分の足で走る最後の代となるであろう年に向けて最高のサラブレッドを育成した牧場主。
そしてそれを強引に買い求めて馬主となったロシアの統括者。
他にも調教師、騎手、皆、ダービーに向けての強い思いがある。

おそらくこの作家、よほど競馬が大好きなんだろう。



競馬の終わり 杉山俊彦 著 第10回日本SF新人賞受賞作品


22/Aug.2011
ケインとアベル ジェフリー・アーチャー

時を同じくしてアメリカとポーランドでそれぞれ男の子が誕生する。

アメリカで生まれたケイン。
裕福な銀行家の一人息子として生まれ、将来を約束された様な子供。

もう一人は、ポーランドの田舎で生まれた赤ん坊。
生まれてすぐに捨て子となった赤ん坊は、猟師の家に拾われ、やがて近隣の男爵家に認められるが、第一次世界大戦、大戦後の革命後ロシア(ソ連)による国家の蹂躙と、波乱万丈の少年時代をすごす。

長期間にわたる地下牢での生活、ソ連の収容所送り。
多くの同胞が殺戮される中にあってこの少年は希望を捨てなかった。
収容所からの脱走、そして当時の新世界、アメリカへと渡る。

この物語の前段ではまさに蹂躙の歴史、ポーランドの悲哀そのものをヴワデグという少年((後のアベル)をとおして描いている。
その後もポーランドはヒットラーに蹂躙され、そしてスターリンに蹂躙される。


片やのケインはというと父親をタイタニック号の事故で失い、後に母親も亡くしてしまう不幸はあるが、頭脳は明晰、成績は優秀、常にトップをひた走る。

ケインは20代の若さで銀行の取締役、そして副頭取となる。

ジェフリー・アーチャーに読まされるとその若さで副頭取になっても決しておかしいとも思わなくなってしまうので、不思議である。

現実界ならどうだろう。

特に日本ならどうだろうが、「20代はもっと苦労せい!」と言われてしまいそうではないか。
銀行なら各地の支店の営業を経験して預金集めに歩いたり、清算部門を担当するのなら担保の処分をするだけでなく、その企業へ出向して内部から会社を立て直したり・・・そんな事をいくつもやってきてこその銀行マンじゃないのか、などと・・・。
財務部門で収益をあげる、つまり株式投資の運用益をあげた者だけが有能な経営者なわけないだろう、アメリカではそうなのか?などと。

それがジェフリー・アーチャーが描く登場人物は、読者からそんな批判めいた言葉が生まれ得ないほどに非凡なのである。
その少年時代の生い立ちの描きで、その年齢を超越した非凡さを読者も納得してしまう。

アベルの方も非凡さではケインに引けをとらない。
アベルは希望を捨てなかっただけでなく、アメリカンドリームを勝ち取ろうとする。

生涯を百貨店の売り子として満足する人生もあれば、ホテルのレストランのウェイターで満足する人生もあるだろう。

が、アベルはそんな立ち居地では満足できない人だった。

この人の場合もやはり最初の資金作りは株式なのである。
アメリカンドリームとはすなわち株式投資の成功者の事なのか?

アベルもまた優秀な人なのだが、頭角をあらわすきっかけは、たまたま引き抜かれたホテルでの不正を摘発するところから。

そこでの不正は上から下まで行なわれており、社員が皆してホテル食いものにしている。ホテルに喰らい付いたダニの様な存在である。
宿泊者が100人居ても、内10人は無かった事にして関係した社員が宿泊費をネコババしているのが日常茶飯なのであれば、もし利益率が10%あったとしても、どれだけお客が増えようが、ホテルが黒字になるはずがない。

なんかどこかで聞いた事があるような話ではないか。
日本のどこかの自治体では上から下までが税金を食いつぶそうとしていた、とか。

それを改革するにはどうするか。従業員の意識改革などという生っちょろいやり方ではない。
もちろん、首切りである。
「明日から来なくていいから」
日本ではなかなか拝めそうにない光景である。


それにしてもこの「ケインとアベル」って旧約聖書の創世記の登場人物じゃなかったっけ。ってあちらは「カインとアベル」か。
紛らわしい事極まりないが、単なる偶然とは思えない。
登場人物のセリフにも旧約聖書の創世記がどうの・・って出て来るぐらいだから、作者はたぶんに意識しての命名だろう。
とはいえ、「カインとアベル」の何にちなんだのか、その類似性は見つけられなかった。
ケインはこれっぽっちもカインではなかったし。

この本は、第一次大戦、禁酒法の時代、アメリカ発の世界大恐慌、ニューディール政策、真珠湾攻撃と第二次大戦参戦、そして戦後というアメリカの近代史そのものを二人の主要な登場人物の歩みと共に描いている。


この本の描くもう一つは憎悪というものの愚かさだろうか。

我々の様な凡人の日常の中においては人に好悪の感情はあれ、憎悪というところまで達するような事はまず有りえない。
上司にどれだけ不満があったところで、せいぜい同僚とグチれば事足りるし、顧客にも同業他社にもそんな存在は見当たらない。

「ケインとアベル」はその憎悪という感情がもたらしす数十年という歳月のあまりの無益さを、あまりの悲しさを読者に教えてくれるのである。


長編でありながら、途中ではなかなかやめられない本の一冊である。

ケインとアベル  ジェフリー・アーチャー (Jeffrey Archer) (著) 永井 淳 (翻訳)


02/Apr.2008
検察側の罪人 雫井脩介

当初はそんなこともあるのかなぁ、読んで行くうちに話がどんどん奇想天外な方向に・・・。

東京の某所で老夫婦の殺人事件が起こる。
老人は何人もの人にお金を貸していたので、その借金をしていた連中がまず捜査線上にのぼる。

検事というのは警察の捜査官が犯人容疑者を特定し検挙して自供を取ってようやく起訴状を、と言う時になって初めて登場するものだとばかり思っていたが、検事も捜査会議に参加したり、捜査官と一緒になって捜査方針を決めたり、取り調べを捜査官と交替でしたり、ということもあるらしい。


この物語に登場するのはベテランの敏腕検事と将来有望な新人の検事。


ベテランの検事が学生時代の頃住んでいた寮に、その寮母の娘が居り、まだ中学生だったこともあって妹のように可愛がっていた。
その娘さんこともあろうに今から23年前に暴行殺人で殺されてしまった。

その犯行には、ほぼ間違いないだろうという有力な容疑者が居たにも関わらず、自供が取れないこともあり、担当検事がウンと言わずで結局起訴には至らず、その事件は時効を迎えてしまった。
今は法改正で殺人事件に時効は無くなったがかつては殺人でも15年で時効だった。

その時効を迎えた23年前の有力な容疑者の名前を今回の事件で借金をしていた連中の中に見つけてから、この敏腕検事はおかしくなる。

他に容疑者と思わしき人間が現われても、この容疑者が犯行を犯すには矛盾した事実があったとしても、
容疑者が全く口を割らなかったとしても、無理矢理この容疑者が犯行を犯すべくシナリオを作って行く。
将来有望な新人検事の方は途中から何かおかしいと思いながらも、ひたすら容疑者の自供を得ようとする。

なんだか、途中まではなんだかありそうな・・・と思っていたら、真犯人を見つけながらもその真犯人を逃がす(実際は逃がさずに自分の手にかけてしまうのだが)あたりから、これはいくらなんでも有り得ないだろう、という展開になっていく。


最後の最後には、本当の正義って何なんだ、という終わり方をして考えさせられはするのだが、なんともすっきりしない。

この事件、有罪となれば死刑となる可能性が高い。
そんな事件なら冤罪事件として騒がれるので慎重になるかもしれないが、もっと軽い犯罪なら叩けばほこりが出る様な立場の人間でさえあれば、案外日常的に犯人に仕立てあげていたりしているのかもしれないなぁ、いや少なくともそういうことは可能なんだろうなぁ、とは考えさせられる一冊でした。


検察側の罪人 雫井 脩介 著


06/May.2014
県庁おもてなし課 有川浩

かつて高知県にパンダを誘致しようと提案した県庁職員が居た。
まだ上野動物園にしか日本にパンダが居なかった頃の話。
西日本の動物園客を全部高知県へ引っ張って来ようじゃないか。
高知市も高知県も動物園をという時期に二つを一緒にしてしまえばいい、という県庁のお役人さんにしてはかなり自由度の高い提案をぶちかますが、あえなく撃沈。
そういう過去の逸話が冒頭にあってから始まるのが、この「県庁おもてなし課」。

高知県庁におもてなし課が発足し、高知県出身の有名人に観光特使となってもらって、高知県をPRしてしてもらおうという試みがスタートする。
観光特使となってもらった著名な若手作家先生からの「一ヶ月たっても何の音沙汰も無い。あの話は流れたのか?」との問合せから始まって、その作家から何度も何度もダメだしを喰らう主人公の県庁職員。
作家先生はダメだしを出しているようで、次から次へとその職員へアイデアを提供してくれていた。
それをアドバイスだと取るかクレームだと取るかは受け手の問題。
この職員さんの素直でいいところはそれをアドバイスだと受け取ったところ。
それを実現して行こうとするが、常にぶち当たるのが、お役所という組織の壁。
何をしても空回りの中、主人公氏は作家先生へ助言を求める。
そして助言してもらったのが、外部スタッフの受け入れ。若い女性でフットワークが良い民間の人であること。そしてどんな意見であってもその人の言葉を第一命題として受け入れること。
そしてもう一つが、かつて県庁内にあった「パンダ誘致」の提案を調べてみること。

パンダ誘致論を唱えた人は、強烈な人だった。
おもてなし課へ来るなりぶち上げたのが、「高知県まるごとレジャーランド化計画」。
高知ほど自然の恵みを豊かに受けている都道府県が他にあるか?
東西に長い海岸、四万十川をはじめとする一級河川。川に関しては絶対に日本一。そして手ごろな高さの山。
これをフル活用しようというもの。予算は軽く見ても20億。

パンダ誘致論者の元職員が去った後、交通手段では不便極まりない馬路村という過疎の集落を訪れた主人公氏、そこで体験したことで目が覚める。

都会から来る人は便利さを求めて来るわけじゃない。不便さを楽しみに来ている。
新幹線もない。デズニーランドもUSJもない。金も無い。ないないづくしの高知に必要なのは交通インフラなどではない。

新たな予算で取り組んだのがトイレの充実、交通標識の整備、そして情報発信。
そして何より金のかからないのが県民一人一人のおもてなしマインド。
高知名物と言えば桂浜の坂本龍馬像だけじゃない。料理といえば皿鉢料理だけじゃない。
地元の人が当たり前に思って気付かないだけで、長い海岸線へ行けば、ホエールウォッチングも出来れば海亀の産卵も見られる。
山側にはパラグライダーの名所がある。
それに、どこへ行っても地元地元の食材を使ったうまい料理が山ほどある。
これを知らせる努力をして来たのか、と。

日本の「お・も・て・な・し」は五輪誘致に当たっての国としての公約のようなもの。
はたまた、今や地方再生は国の重要政策。
地方再生と言えば箱物へと走ってしまっているのが過去の行政だ。
この本にある話は高知に特化した話じゃない。
あらためて今だからこそこの本を手にとってみれば、何かのヒントにはなるのではないだろうか。

ちなみにパンダ誘致論者はフィクション。もちろんこの本そのものがフィクションではあるが、高知県庁におもてなし課は存在し、冒頭の観光特使となってからのぐだぐだのやり取りは作者の有川氏の実体験を元に書かれているのだという。



県庁おもてなし課 有川浩著


22/Feb.2015
幻庵(上)(下) 百田 尚樹

百田尚樹氏の熱烈なファンだったとしても、囲碁の経験が全く無かった場合、その方々はこの本を楽しめただろうか。

この本、江戸時代のプロの碁打ちの物語で、結構史実に忠実に書かれているように思えるので、どこからが百田氏の創作なのかは良くわからない。

たぶん、囲碁の専門用語について来れなくなった読者は上巻で脱落するだろう。

だが、この本は下巻からが、俄然おもしろくなっていく。

幻庵と名乗る前の井上因碩(いんせき)と本因坊丈和(じょうわ)との凄まじい戦い。

井上因碩は孫子の兵法を用いて、策を弄しすぎたために後に後悔する。

それにしても囲碁の戦いを文章で綴ることはかなり至難の業だろう。

読んでいるこちらも棋譜を見せて欲しくなる。

棋譜はポイントポイントで登場するのだが、打ち掛けとなったその一手のみ、もしくは、これが改心の一手と言われる一手のみにマークをつけられてもなぁ。

棋譜に@から順に全ての順を書いてくれとは言わないが、その直前の数手ぐらい記してもらわないと、その一手の凄味がアマチュア碁しか知らない人間には、なかなか伝わりづらい。

この本を書くにあたっては、百田氏、囲碁そのものや囲碁の古文献も調べまくっただろうし、現役のプロ棋士にもさんざん話を聞きに行ったことだろう。

ただ、その努力が万人に受け入れられたのかどうかは、疑わしい。


江戸時代の命がけの囲碁であったとしても、その一部の棋譜から面白さを感じ取れるのは、アマチュアでもかなり上段者じゃないんだろうか。

まぁ、別の読み方みあっただろうけど。


幻庵  百田 尚樹著
05/Jun.2017
    12 >>