読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Jun.2015
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
ブラックオアホワイト 浅田次郎

学生時代の同級生の通夜の帰りに立ち寄った同じく同級生の都築君の住むマンション。
そこで都築君から、昔むかしの夢の話を聞かせられる。

商社マンだった都築君が語り始めるのは30年前、ジャパンマネーが世界を席捲していた頃の話だ。
その時代に海外の各地で体験した夢の話。

スイスの夢、パラオの夢の話、インド、北京、最後は日本の京都での夢。

スイスの高級ホテルで固い枕との交換をお願いすると、バトラーが枕を二つ持って来て、「ブラックオアホワイト?」と尋ねてくる。

白い枕はいい夢を、黒い枕は悪い夢。
どこで見た夢にも同じ女性が現われる。
白い夢の中では彼が愛する女性として。

黒い夢を見た後は悪い事は夢に留まらず、現実でも悪いことが起こる。
いや、黒い夢に影響されて自ら誤った選択を行い、結果、失敗する、と言った方が正しいか。

黒い夢には必ずと言っていいほど、昼間に会った人間が登場し、都築君は彼らにひどい言葉を浴びせられたりする。
しかも夢の中で語られる彼らの言葉の方が何やら本音とも思えてくるのだ。

いくつもの白い夢、黒い夢の話がさも昨日起こった出来事かの如くに鮮明に語られる。

そのいくつかの話の中でも印象的なのは、パラオの白い夢とパラオの黒い夢だろうか。
パラオは第一次大戦後、日本が国連から依頼されて委任統治をすることになった国。

現地では、日本統治時代の名残りが数多く生きており、古き良き時代の日本がそのまま残ったかの如くだった。

ここで白い夢、黒い夢を見るのだが。
白い夢では、30年前からさらに40年以上前なのだろう。日本統治時代のパラオのコロール島が出て来る。

黒い夢の方はペリリュー島が舞台となる。。

今年、天皇皇后両陛下がパラオを訪問されたが、その訪問の中でも最も印象深いのがペリリュー島へのご訪問。

ペリリュー島というこの小さな小さな島で一万人以上の日本兵と米兵が死んだ。

黒い夢では都築君はペリリュー島の島に籠って上陸する米兵から逃げ回る。
一万人以上が玉砕した日本兵の一人として、その場に居る。


浅田次郎さんは、いや浅田次郎さんに限らないか。作家は、本の中の登場人物の言葉を借りて、ご自身の本音を良く語られる。

このパラオのコロール島の白い夢の中の風景。
男は男らしく、女は女らしくあった時代。
夜が昼の様に明るい現代とは違い、夜は夜らしくあった時代。
冷蔵庫やスーパーマーケットや自動販売機の登場がいかに我々の生活を貧しくしたか。

80〜90年前のパラオのコロール島を見て、人間の文明の反映などはこんなところが上限で良かったのではないか。
都築君の言葉を借りてはいるが、浅田さんの本音なんだろうな。


ブラックオアホワイト 浅田次郎 著


18/Jun.2015
星やどりの声 朝井リョウ

一番上の長女は社会人。一番下が小学生の女3人男3人の兄弟姉妹6人。

長女は宝石販売の売上トップのキャリアウーマンで既婚。兄弟姉妹で最もしっかりもの。
夫は同級生だったおまわりさんだ。

長男は就活に追われる大学4年生。父親のツテで家庭教師の必要無いほど勉強出来る娘の家庭教師をしていたりする。

次女、三女は双子の高校生。顔はそっくりだが性格や行動パターン、学校の成績に至るまで全て正反対。
少なくとも表面上はそう見える。

次男もはしゃぎたいざかりの高校生。

三男がまだ小学生なのだが、やけに大人びている。

父親は既に他界し、母親が近所で「星やどり」という名前の常連2名以外はほとんど客が来ないような喫茶店を経営し、生計を立てている。

兄弟各自それぞれが主人公となった一篇一篇にて物語は進んで行く。

長男の篇では長男がえんえんと就活を続けている。
ついこないだまで大学生だった作者だけに、学生視点の就活というものがよくわかる。

単に馬鹿騒ぎをするだけかと思った次男も、結構思慮深く思いやりがあることが分かって来たり。
次女と三女は片方はクソがつくほどに真面目で成績も良く、片方は校則などくそくらえとばかりに化粧をし、学校をさぼるのだが、それも実は父の死を境にはじまったことで、大好きだった父の死の前後に理由があってのことだとわかって来る。

リフォーム専門の建築家だった父親は、あちらこちらでいい仕事、喜ばれる仕事を残しているので、周囲にはこの一家を温かく見守る人が大勢いる。

読み始めは、高校生・大学生の兄弟ドタバタ物語かと思ったが、6人の兄弟それぞれにスポットをあてて進んで行くうちに、この一家がいかに亡くなった父を中心に円を描く様に繋がっているのかがよくわかるような展開になっていく。

なかなかいい話だ。
ついつい彼ら兄弟姉妹を応援したくなってしまう。

まさに作者の思う壺だ。
それでいいのだ。作者の思う壺に嵌まりたくて読んでいるんだから。

ただ、子供たちの名前が家族のしりとりになってるあたりなんてどうだろう。
星やどりの喫茶店の由来についてなんてどうだろう。

あまりに話が出来すぎていて、いかにも作り話っぽい。

いやいや、作り話を楽しむために読んでいるんだから、それでいいんでしょう。


星やどりの声  朝井リョウ 著


15/Jun.2015
神々の午睡 あさのあつこ

これって一神教の国じゃぁ、まず販売されない本なんだろうな。

有史以前のお話。
大神さまは百何十人の妻を娶り、三百何十人という子供を持つって、どれだけ精力有り余ってんだか。

大神の子供たちは全て箜(クウ)と呼ばれる存在となり、その中の一握りが神になる。
人間と神が身近な場所で共存していた時代の話が六編ほど。


雨を司る神に任じられた姉。
新たな神が誕生すると人々は祝祭を催す。
その祝祭の贈り物として祝祭に間に合わせるために命の削って神飾りを作る職人。
雨の神である姉は、その人間に恋をしてしまうという話。

いたるところに登場するのがグドアミノという美形の死の神。
死の神って、つまりは死神か。

風の神、沼の神、戦の神、音楽の神・・・などなどが登場するが、よくよく考えてみると全部腹違いの兄弟なんだよな。

「盗賊たちの晩餐」という話がなかなか良かったかな。
酒場で「穴倉」に集結したかつての盗賊達。
全盛期の仲間達は皆、捕まえられて牢獄に。
仲間を助け出さないことには引退する気にもならない。
牢獄破りを綿密に計画するにあたって、どうしても仲間に引き入れないといけないのが、その酒場で歌っていた若い娘。この娘を一人前に教育して風の神のサンダルを失敬し、それを使って仲間を助ける計画。

神に近付くための教育を施したこの娘、実は神だった。しかも盗むはずの・・・。

というような話。


あさのあつこさんのこういうジャンルははじめてだ。
元々こういうジャンルも書くんだったっけ。

現代ものではあきたらず、とうとう神話まで書いちゃった?



09/Jun.2015
荒神 宮部みゆき

宮部みゆきという作家、本当に守備範囲が広い人なんだなぁ。

現代の推理ものがあったかと思えば、ファンタジーもの。
SF的なものが出たと思ったらやたらと江戸の時代ものが続いてみたり。

この「荒神」という物語。
時代は江戸の徳川綱吉時代なので時代ものには違いないが、時代ものは時代ものでも、もののけ、というか怪物が登場する。

どす黒い怪物となると、宮崎駿の「もののけ姫」に出てくるタタリ神を連想してしまいそうになるが、その姿がだんだん明らかになってくる。

時には蛇のように移動するかと思えば、時には足が生やしてどたどたと移動する。その時はティラノサウルスのような容姿なのだろうか。
口から硫酸のようなものを出しているのか、そのよだれを浴びたら、火傷で焼けただれる。
身体は鎧の如くで、矢も鉄砲も皆、はじき飛ばされる。
顔には目が無い。
人間は食らうが、他の動物には全く食指が動かないようで、牛馬などには目もくれないどころか、馬からなどは逃げ出す始末。

永津野藩、香山藩という架空の東北の二藩が舞台で、この二藩、関ヶ原以前からの因縁がある。
その二つの藩の間に位置する村にその怪物は現われ、村中の大半の人を食いつくしてしまう。

この怪物、そもそもこの二藩のいがみ合い時代に呪術を用いる一族によって生み出されようとした失敗作だった。
それがその一族の末裔の男の深い業によって蘇った?

これに立ち向かって行く人たち、まさに江戸時代版のブレイブ・ストーリーか?と思わせられるが、意外な形で怪物は昇華していく。

こういう物語って構想を練り上げて練り上げて、書きおろしで書くものなのかなぁ、と思いながら読んでしまったが、巻末に新聞に連載されたものを単行本化されたことが記載されている。
連載しながら、ストーリー考えていそうな雰囲気あるもんね。
新聞に連載小説が載ってても、読んだことがないが、毎日楽しみにしている人ってやっぱりいるんだろうな。

こういう物語、そういう読まれ方が似合っている気がする。



荒神  宮部みゆき 著


05/Jun.2015
フォルトゥナの瞳 百田 尚樹

死の迫った人の身体が透明になって見えてしまう。
そんな能力が突如身についてしまった青年の話。

だんだんと見慣れて行くと、その透明度に応じておおよその死期までわかるようになる。元気そのものの若者で全く透明状態なら病死ではなく事故死だろう、とかおおよその想像がつく様になって来る。

もっとも、全く透明なら顔面が青白くて今にも死にそうな顔をしててもわからないんじゃない?などと瞬間思ってしまうが、やぼな突っ込みというものだろう。
運命は変えられないか?と青年は自問しながらも直後に事故死をするなら、話しかけたりすることで、一瞬、次の行動を遅らせたりすることで事故を免れるんじゃないか、とチャレンジしたりする。

ある時、そんな能力を持った人間が自分だけで無い事がある時、判明する。
その能力をもう何十年も持ったまま、何も行動をせずに知らん顔を決め込むのだという。
なんでも、その能力を使って人の運命を変え、本来なら死んでいるはずの人を救ってしまうと、その分自分の寿命が短くなってしまうのだという。

ならば、こんな能力など無ければ良かったのに・・・と自問する青年。

この物語の青年はどこかしら「永遠の0」の宮部少尉に通じるものがある。
未来のある幼い子供達が死んでいく、それがわかっていながら何もせずにいられるのか・・・。


百田さんはストーリーテラーとして、素晴らしい才能を持っておられる方。

「殉愛」をめぐってのトラブルがまだ続いているのだろうか。

一時は良くメディアにも登場されたのが、このところパッタリと登場されなくなってしまった。
メディアへの登場はどうでもいいのだが、せっかくの才能。
このまま埋もれさせていいわけがない。

もっともっと百田ワールドを見せて欲しいと願うばかりだ。



フォルトゥナの瞳 百田尚樹 著


01/Jun.2015
    1