読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Jul.2014
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
まほろ駅前狂騒曲 三浦しをん

最高に楽しめる一冊。

今回の多田便利軒物語は、これまでの登場人物が勢ぞろい。

四歳の女の子を預る約束をしてしまった多田と子供嫌いの行天。

駅前で無農薬野菜を!健康野菜を!と拡声器で訴える団体。

その団体をつぶそうとする星にどんどん巻き込まれる多田便利軒。

無農薬だ!健康野菜だ!と訴える連中はかなりいかがわしい連中だったのだが・・・・。


バスが運行通りに走っているかどうかの調査に異様な執念を燃やす岡という老人。

とうとうバスジャックに突っ走ってしまう。

老人のバスジャックと言えば宮部みゆきの「ペテロの葬列」を思い出すが、そんな真面目なもんじゃない。

最後はみんな入り乱れての本当の狂騒曲になって行く。

なんといってもいつも最高なのは行天というキャラクター。

今回は行天の過去があらわになったりもする。

それにカタブツの多々にとうとう色っぽい話も出て来たりして。

笑いどころ満載の一冊でした。



まほろ駅前狂騒曲 三浦 しをん著


30/Jul.2014
13日間 - キューバ危機回顧録 ロバート・ケネディ

第二次世界大戦後、最も核戦争に近づいた時期がある。1962年のキューバ危機と呼ばれた時期がそうだ。
スティーヴン・キングの『11/22/63』の中で、アメリカの国民が明日にも核戦争が起きると思い込むその狂気の日を過去へ旅する主人公が目の当たりにする場面がある。

ソ連がアメリカの目と鼻のさきにあるキューバにミサイル基地を次々と構築して行く。
そのミサイル基地から発射されるミサイルはアメリカのほとんどの主要都市を射程圏におさめる。
その時のアメリカ政府の対応と対するソ連政府の対応如何では、世界で核戦争が勃発しかねないギリギリの瀬戸際だったのだ。

長崎・広島の惨劇を知った後にも核兵器の使用を進言していたアメリカの軍人はいくらでもいる。
朝鮮戦争の際のマッカーサーがそうだ。あの戦争は北と南の戦いというよりも事実上アメリカ軍と中共軍の戦いだったので、核を落とすなら、北鮮ではなく中国本土へ、ということだったのだろう。
ベトナム戦争の際も何万トンの爆弾を投下するより、さっさと核爆弾を落とせばいいのに、と言っていたアメリカの将軍は何人もいたという。

だがそれらとはちょっと次元が違う。
ソ連相手の全面核戦争となれば、それこそ人類の存亡の危機、と言っても過言ではない。


アメリカ大統領の周囲で最も強硬なのが、直ちにキューバを攻撃すべし。キューバへミサイルを落とすというもの。

ケネディはその時に議論された中で最も穏便な策、キューバの海上封鎖に乗り出す。

その後、ソ連船が数隻、近づいて来た時、その後の数時間で大統領は最終決断を迫られる。
ソ連船がUターンしたために最終決断には至らなかったが、今度はキューバを監視していた偵察機が撃ち落とされる。
当然の如く、報復措置を取るべきという意見の中、ケネディはフルシチョフへ書簡を送り、最悪の事態を回避しようとする。


ケネディが素晴らしかったかどうかの真価は、彼が暗殺されずに長期政権を担っていて初めて可能なことだろうが、もし、このキューバ危機の際のアメリカのトップとその参謀がブッシュとラムズフェルドだったとしたら、おそらく、早期にキューバ攻撃の決定を下したのではないだろうか。


ケネディの取った措置は、相手の立場を考えつつも言いなりにはならない、というもの。
フルシチョフはキューバからミサイルを撤退するに当たって、トルコにあるアメリカのミサイルを撤退させることを交換条件にあげる。
ケネディももともとトルコから撤退したかったので、本来なら渡りに船なのだが、それを飲む形だとソ連に脅されて撤退した形になってしまう。
断固、それは行わない代わりに、ウ・タントを経由して、またフルシチョフと直接の書簡のやり取りにて、最終的に危機を脱出する。

その後も、この一連の出来事を外交的勝利の用に喜んではならない、とあくまでもソ連のメンツを考慮する。

一連の流れを見るとソ連が一方的に悪く見えてしまうし、ボールを握っているのもソ連側。
ただ、フルシチョフの言い分にももっともなところがある。
キューバに基地が出来たところで、まだ海を隔てているじゃないか。ソ連とトルコは陸続きの隣同士なんだよ。
そっちを撤去せよというなら、そっちも撤去するのが筋だろ。・・・なるほど確かにうなずける。

それにしてもキューバにミサイル基地が出来ただけで、これほどの騒ぎになるアメリカ。

北朝鮮の弾道ミサイルは日本列島を超える能力は持つ。
それに核開発も進められている。
にもかかわらず、迎撃はまず無理だろうと言われるPAC3を数台持つだけの日本。
基地建設どころか、ミサイルが発射されたってそんなに恐怖に脅えることも無い。
この違いはいったいなんなんだろう?


13日間-キューバ危機回顧録 ロバート・ケネディ著


22/Jul.2014
トップ・シークレット・アメリカ 最高機密に覆われる国家 デイナ プリースト ・ ウィリアム アーキン

9.11後のアメリカ、いろんな意味でそれまでのアメリカを制御していたネジがぶっ飛んだ。

我々は断じてテロには屈しない。
これは戦いだ。戦争だ。テロとの戦争だ。

となっていくと、過去には公然とは有り得なかった容疑者の暗殺、しかも法治国家である外国の施政権下で平気で行われるようになっていく。

国家機密を扱う組織がいくつも出来あがり、入り乱れ、収集する情報量があまりに多くなり、誰もその情報の実態を掴めなくなってしまいつつある。
またその国家機密を扱うはずのプロフェッショナル集団で作業を行うのは大半が民間企業からの出向者。
発注する側の官の上の方の人材からどんどん民間に引き抜かれ、発注される側の民間企業での報酬は政府にいた頃よりはるかに高額。

アメリカの敵=テロの標的はやがて米国国内へと向けられ、監視カメラに覆われた国へとなっていく。
特定される個人の数も膨大なら、収集される個人情報の量はさらに膨大な量に・・・。
超監視社会だ。
もはやジョージ・オーウェルの『1984年』の世界か?

いや『1984年』の方がビッグ・ブラザーという独裁者のためと目的がはっきりしているだけにわかり易い。
ここで収集される情報は誰が何のために集めたもになのか。何に使うものなのか、だんだんと誰もわからなくなっていく。

この著者の最も焦点を当てたいところはこれらの組織が出来あがり肥大化して行くことによるアメリカの多大な無駄遣い、なのかもしれない。

これら機密情報を取り扱う組織が縦割りとなってしまい、それぞれシステムも別々、情報の共有も満足にできていないのが現状。
ところが、その無駄を省いてシステムが統合し、情報が共有化されたとしたら、どんなことがおこるのだろうか。

個人情報どころか近未来小説のような全個人のヒストリーと全ての日常のデータベース化が実現してしまうかもしれない。

アフガンを攻め、イラクを倒し、アルカイダの幹部と呼ばれる人たちを暗殺しても尚、これだけ予算を投じ国内の個人情報を収集したとしても、アメリカはテロの脅威から抜け出ていない。
状況は変わっていない。

それどころか、各組織が集めたトップシークレットであるはずの情報が、意図も容易くハッカーの餌食となってしまっている状況を著者jはセキュリティの専門会社で目にする。

これらの組織はブッシュ政権時代に出来たものばかりだが、オバマの代になってなくなったものは何一つ無い。


それにしてもこの二人の著者、よくこれだけ調べられたものだ。
取材対象もトップシークレットなら、書いてある内容も充分にトップシークレットだろう。

取材させてくれる相手がいることにも驚きだが、どうどうとこの本が出版出来てしまえることがさらなる驚きだ。

ほんの20数年前の自国の民主化運動でさえ自国民の前では無かったことにしてしまうような隠ぺい国家ではまず考えられない。

そう考えると、アメリカという国のふところの深さにはやはり感心せざるを得ないか。



トップ・シークレット・アメリカ  最高機密に覆われる国家 デイナ プリースト (著)  ウィリアム アーキン (著) Dana Priest William M. Arkin 玉置悟 (訳)


18/Jul.2014
風の中のマリア 百田 尚樹

オオススメバチのワーカーは幼虫からさなぎになり、さなぎから成虫になって飛びまわる様になって約30日で寿命を迎える。

彼らは昆虫の世界では最強の兵士で、イナゴを丸め肉団子にし、アシナガバチを肉団子にし、コガネムシを肉団子にする。
まさに狩りを行うのだ。

帝国の繁栄のために戦う戦士達。

その帝国も帝国の女王の引退、次世代の女王たちの誕生を迎えるとその繁栄を終焉させ、新たな女王たちがまた新天地で帝国を築く。

壮大な物語のようで、実はSF的なフィクションではない。

描かれるのはオオススメバチの生き様そのままなのだ。

西洋ミツバチはオオススメバチの餌食となるが、日本に昔から住んでいた日本ミツバチはオオススメバチの撃退法を知っていたりする。
逆に日本ミツバチは西洋ミツバチに襲撃されると全く成すすべもなく無抵抗のまま死に絶えてしまう。
いにしえの時代からの遺伝情報に西洋ミツバチなどは存在しないからなのだろうが、全くもって摩訶不思議。

彼らがゲノムがどうの、と話しだすあたりはかなり面食らうが、彼らが会話したり、思考したりするところ、そういうところ以外の虫達の生態についてはほとんどノンフィクションと言っても過言ではないのだろう。

作者はオオススメバチをはじめとする昆虫の生態をかなり詳細に調べ込んでいる。


なんとも不思議で斬新な作品なのだ。



風の中のマリア 百田尚樹 著


14/Jul.2014
天使の柩 村山由佳

日本人の父親とフィリピン人の母親の元生まれた茉莉という少女。

小さい頃から父方の祖母に

「おまえはバイタの娘だ」

「なんて、いやらしい」

などと言う言葉を散々投げかけられて育ったのだった。

自分自身で自分を醜いと思っている。

その祖母の仕打ちに耐えられなくなったのか、母親はとうの昔に逃げ出し、そしてその祖母も亡くなり、父親と二人の生活になるのだが、この父親がこの頃にはもうおかしくなっている。

娘と顔を合わせない。

仕事から帰って来ると茉莉は自ら自室に入り、父は外側から鍵をかけ、中から出られないようにする。
朝、出かける前には鍵を開けてから出て行くので、監禁したいわけではない。顔を合わせたくないのだ。

だから、茉莉が風呂に入っている間は父は自室に籠り自室の鍵を閉める。

たった14歳の少女にどんな試練を負わせるのだろう。この作者は。

そんな生活をしているので同じ屋根の下に住みながら、父と娘は顔を合わすことが無い。

そんな異常な生活を激変させたのが、子猫を虐待する子供達から子猫を守った時に、子供達との間に入ってくれた歩太という自称画家との出会い。

学校にも家にも居場所の無かった彼女はとんでもないわるガキにつかまってしまうのだが、初めて出会ったまともな大人である歩太を脅すという人質を取られて、更なる深みへはまっていきそうになる。

彼女は、自分は醜く、穢れている、というのだが、顔も見せない父親のために毎晩夕食を作り、父親が自殺しないようにと心配し、全くの赤の他人である歩太のために自らの身体まで投げ出そうとする。

まさに天使の心を持った少女ではないだろうか。



天使の柩 村山由佳 著


08/Jul.2014
    12 >>