読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Feb.2010
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
IN  桐野夏生

あの『OUT』を書いた同じ作家が今度は『IN』。
どれだけ期待したことだろう。

『OUT』とは主婦たちによるバラバラ殺人の物語。
殺人をすることが目的ではなく死体処理としての解体作業という凄絶ことを行いながらも方その凄絶作業としての労働として割り切って副収入を得る主婦たちを描いた衝撃作である。

方やこの『IN』という作品はそういう要素は全くない。
作家の物語である。
その作家、鈴木タマキはがかつての大物作家の小説の中に出て来る不倫相手を特定しようとする。大作家とはいえ、そこは小説なのだが、妻の名前や娘の名前も実名で書かれてあって、到底想像の産物とは思えない。
実際にあった話ならそのモデルになった女性が必ずや存在するであろうと。

そういうコンセプトの本ならそれはそれでいいだろう。
だが何故、『IN』なのだろうか。
あまりに『OUT』を意識させるタイトルじゃないか。
それぞれの章立ての章タイトルが「淫」であり「隠」「因」「陰」「姻」とあたかも韻を踏んでがいるかの如くにインなのだが、いかにもとってつけたインじゃないか。

主人公そのものが編集者とかつて愛人関係にあり、その関係をこの大作家の愛人関係と重ねて考えたりする場面が多々あるのだが、編集者と作家、というのはタイトルの付け方だけでも丁々発止するものらしいので、この『IN』というタイトルにも案外集英社のベテラン編集者が命名したのかもしれない。

で、登場する大作家、緑川未来男というなんとも大作家らしからぬ名前なのだが、自身の愛人関係を赤裸々に書き上げる。
そこには、実名で登場してしまった妻や娘に対する気遣いなど一切なきが如く。

実際に誰に対して一番気遣いが無かったのかは、後半以降を読めばわかる。

大作家で赤裸々にと言えばなんといっても谷崎潤一郎あたりが思い浮かぶ。
妻は千代。この緑川の書いた「無垢人」に出て来る妻は実際の妻の名前である「千代子」。だがそうではあるまい。
谷崎よりも寧ろ谷崎の賞を取った島尾敏雄の「死の刺」あたりが近いのかもしれない。

島尾敏雄と言う作家はあまり好んでいないので、自分の好んだ作家を例にあげるなら、なんといっても「檀一雄」だろう。

別にモデル探しをしているわけではない。
自身の愛人生活を赤裸々に描いた代表作は『火宅の人』相手は女優の入江杏子だといわれたが、その入江杏子なる人はあまり知られていない。

あれこそ、想像から産み出たものなどこれっぽっちもなく、壇一雄の有り様そのままだったのではないか、と思っているのだが、それはこの緑川なる架空の大作家の生き方をそのまま小説にしたのだろうと、主人公が思い込むのと同じ発想なのかもしれない。

その当時の壇氏は全く家庭を顧みることないが、夫人はこの緑川の夫人の千代子のように嫉妬に狂うわけでもなく、娘の壇ふみさんは最近トンと見ないが、一時は知的な雰囲気の女優として結構活躍されていたと思う。

壇氏を語る上で欠かせないのが、なんと言っても『リツ子・その愛』『リツ子・その死』だろう。
自分の最も好きな本だ。
これももちろん想像の産物などと思ったことはなく。
あの中での太郎の「チチ」「チチ」が忘れられない。
リツ子・その死に至らなければ、壇一雄は火宅の人にならなかったかもしれない。
というよりもならなかっただろう。

『火宅の人』にせよ『リツ子・その死』にせよ、自身の周辺を書いてしまっている以上、『リツ子・その死』で出て来るリツ子の親戚連中は悪者以外の何者でもなく、私小説と言われる類のものはやはり誰かを傷つけるのは必至であり、やむを得ないものなのだろう。皆が善人で非の打ちどころのない人間ばかりの私小説なと有り得ない。
ファンタジーでも有り得ない。


この『IN』では、そういう誰かを犠牲にして成り立つ小説というものを方や取り上げながらも実際に一番愚かだったのは誰だったのだろう・・・といろいろなメッセージを投げかけているのかもしれない。

ただ、壇一雄に戻って申し訳ないが、『リツ子・その死』で悪く書かれた人(もちろん実名で出ているわけではないが、周囲の人ならわかるだろう)は、誰かを犠牲者にしてなどと言うつもりはこれっぽっちもなく、寧ろ正直に書く事で、さらにそれが発表されることでの復讐的意図さえあったのではないかとさえ思えてしまう。
ただ、それはモノが豊かになったこのご時世で言えることで、戦後間もないあの時期に誰しも私小説家に何を書かれようが、どう思われようが気にするゆとりもなかったことであろう。

『OUT』のことは取りあえず忘れることにして、そんなこんなを思わせてくれる本でした。


IN 桐野 夏生 著(集英社)


24/Feb.2010
ラットレース  方波見大志

死者の霊が生きている人間に憑依する、そんな類の小説は多々あるが、なんともユニークなお話しである。

優等生の17歳の高校生の女子にみるからに50歳の汚いオッサンが憑依する。
やれビール飲ませろ、タバコ吸わせろ、とまぁ好き勝手なことをのたまう、のたまう。

後輩の中島君は彼女を救おうと、普段なら近付かないオカルト少年の手も借りて・・・。という展開。

まぁ、一番面白いのは美形で優等生の少女にオッサンが憑依するという、このギャップ。17歳の高校生がだんだんオッサンに取って変ろうとしている。

オッサン、曰く「俺は妖精だ」には笑ってしまう。

どういう話に持って行くのだろうと思っていたら、なかなか今の高校生のイジメの構造を解析していたりもする。

「悪いのは他人」
オッサンに憑依されてしまった片里名という優等生の言葉。
「会ったこともないのに面白半分ではやし立てる他人。取り上げたニュース、いじめ特番」
「少女Aの心の闇にせまります」などと言うもっともらしいことを言って人の心をずたずたにしていく他人。

そのあたりがこの本の一番言いたいところなのだろうか。


タイトルの「ラットレース」はどこから来たのだろう。

ラットレースとは?ラットレースの語源とは何か。

「rat race」 を辞書で引くと 「きりのないばかげた競争、猛烈な出世競争」.となっているが、
「rat race」 という言葉、もともと、ネズミが回し車の中をクルクル走り続けることを言うらしい。
仕事をする→給料をもらう→お金を使う→欲しいものが出来る→仕事をする→給料をもらう→お金を使う。
と一生懸命頑張ってみたところで結局同じところをグルグルと回っているだけ。
働けど、働けど、お金も溜まらないし、状況も変らないような様子をネズミの回し車に例えて、そう呼ぶのだという。

じゃぁ、この本の中でのラットレースとは、誰を比喩しているのだろう。

学生たちには、ラットレースという言葉は無縁だろうから、幽霊になって、高校生に憑依したオッサンなんだろうな。
今一、タイトルとストーリーがフィットしているようにも思えないのだが・・・・。


まぁ、あまり深く考えずに気楽に読む本としてはよろしんじゃないでしょうか。

ラットレース  方波見大志 著 (ポプラ社)


18/Feb.2010
ダブリンで死んだ娘  ベンジャミン ブラック

アイルランドの小説など過去一度も読んだことが無かったが、昨年に見たドキュメンタリーの影響か。
ダブリンという響きが本を手に取るきっかけだった。
ドキュメンタリーというのは他でもない。経済問題である。
あのリーマン・ショック以来の世界同時不況の中、アイルランドの景気後退は他のどのユーロ圏諸国よりも深刻な状態をあらわしていた。

今や欧州ではギリシア危機が最も深刻に語られているが、アイルランドも相当なものだ。

何より、日本が「失われた10年」を過ごして来た中、年率平均6%〜7%のペースで急成長してきた国である。
賃金カットと増税、たったの一年の間に失業率は5%から10%に・・・というような。


とは言え、日本の現状もひどいものなのでアイルランドばかりを心配してはいられない。
そんなことはさておき、「ダブリンで死んだ娘」の邦訳は昨年(2009年)の出版であるが、舞台となっているのは1950年代で、上の記述は本の紹介上何の意味も為していない。

一人の病理医が、搬入された若い女性の遺体に目をつけたのが始まり。

彼は大病院の病理科医長でもあり、検死官でもある。
死因に不審を持ち、再度遺体を見ようとするのだが、遺体はすでに運びだされてしまっていた。
そこからこの病理医が執拗にこの女性の過去やその周囲を追いかけ始める。

ミステリものなので詳細を書く事はNGであろう。

敬虔なクリスチャンでありながらクリスチャンを超越してしまった人びと。

貧しい家の子供達を幸せに出来るのは自分達でしかない、と思い込む高貴な地位の人たち。
とんでもないお仕着せがましさ。
なんと高慢で、傲慢で、想像力の欠如した人たちなのだろう。

翻訳者のせいなのか、多少冗長に感じるストーリー展開なのだが、英語圏内では反響を呼んだ小説なのだという。
アイルランドには、いやケルト民族にはそういう人たちが存在してもおかしくはない、と思わせる空気があるのだろうか。


ダブリンで死んだ娘 ベンジャミン ブラック著 松本剛史 翻訳 ランダムハウス講談社文庫


12/Feb.2010
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん  入間人間

読み始めて第一感、西尾維新っぽいかな?と思ったがそうでも無かった。

作者があとがきで自ら述べているように、まさに「書き散らし」た言葉遊びのやり取り。作者は山ほど書き散らかしの言葉遊びを溜め込んでいたのではないだろうか。

あらかじめストーリーありきだった様には思えない。
書き散らかしの山から削って、拾ってを繰り返す内に体系だって来たものを後からストーリー的なのものに嵌め込んで行った、その結果の成果物のように思えてしまうのは何故だろう。

物語としてはまりに救いが無い。
あまりにも壊れすぎている。
心が壊れているという表現は語弊を招くだろうか。

とある田舎町で立て続けに発生している連続殺人事件と一つの小学生の失踪事件。
連続殺人の方は単なる殺人ではなく惨殺という言葉を使うような殺人ばかり。
なんの取り柄もない田舎の町が全国区になったのは8年ぶり。

その8年前に発生した誘拐事件の被害者が主人公のみーくんとまーちゃん。
そのまーちゃんが小学生を監禁している。
話はそこからはじまる。

そこからはじまるがストーりーそのものは先に書いたように救いがないのでふれない。

荒っぽい言葉遊びだけに明け暮れている様にも思えるが、存外な面も覗かせる。

例えば、無意識という言葉を作者は「ムイシキ」とカタカナ表記する。
会話ではもちろん感じないが、文章では「無意識に○○をした」と「ムイシキに○○をした」では伝わる語感が違う。
意識が無い状態で行ったのではなく、何気なく行った行為について「無意識」という漢字をあてることを回避しているあたり、案外この作者は言葉表記を大切にしていないように見えて大切にしているのではないかと思わせる。

作者のペンネームも変わっている。入間人間。

作風からしてあの宮崎某が起こした連続幼女誘拐殺人事件の舞台となった入間川をもじったのではないか、などと考えてしまったが、それはおそらく考えすぎなのだろう。

08/Feb.2010
神去なあなあ日常  三浦しをん

実に生々しい林業の体験記ではないか。
と、思いたいところなのだが、主人公が山村に住み込む20前の男の子であるのに対して作者は女性であり、はたまた結構売れっ子の作家。
実際に体験したわけではないのだろう。
まさしく、実体験を書いているような、そこでしか味わえないような描写の数々。

多くの人に取材をしたのだろうが、取材だけでここまで実感あふれるものが画けてしまうものなのだろうか。

この本は山での仕事の過酷さを描くこともさることながらそれを上回る山仕事の充実感。林業の魅力にあふれている。

林業従事者は昭和30年代の1/6。
ここ10年をとってみたって10年前の約6割と言われる。

老齢化が進んでいる産業なのだ。
現在従事している人がもっと老いて行けば、もはや産業として成り立たなくなってしまうのかもしれない。


先日、1月末に2009年の全国都道府県の転入、転出のそれぞれの差異が新聞に載っていたが、
「大都市圏への人口流入鈍る」との謳いながらもなんだかんだと、東京圏への転入超過はやっぱりプラス。愛知万博以降、転入超過が激しかった名古屋圏内の転入超過がようやく収まってはいるが、鈍化したとはいえ、東京、神奈川、埼玉、千葉という首都圏へは全部合わせれば10万人超の転入超過。

年越し派遣村・・ってネーミングもどうかと思うが、ホームレス村ではあれだけ仕事がない、住むところがない、と方や騒ぎながらもそれでもやはり東京へと集中しているのが現状の姿なのだ。


神去村というこの本の舞台となる山村も若者離れの例外ではない。

横浜から職業訓練生として嫌々ながら来てしまった主人公の若者。
当初は携帯すら通じないこの山村を逃げ出そうとするが、だんだんとこの山や木やこの仕事、この村が好きになって行く。

若者が離れてしまうのは単に仕事がきついからだけではないのかもしれない。
同年代の若者が他に居ない、というのもなかなかきついものなのかもしれない。

この村のオヤカタさん、1200ヘクタールというとんでもない山持ち。昔なら大長者様のような存在だろうに皆の衆から清一、清一、と呼び捨てにされる。しかしながら一旦指示を出すと誰も逆らわない。

この人などのように東京へ大学へ行った時に結婚相手を見つけて連れて帰って来てしまう。こういうのがSTOP・ザ・過疎化に一番いいのかもしれない。

山暮らしの良さはお金のたかでは量れない。
そこで暮らすだけならお金を使うことがないのだから。

この若者の場合は、野菜だってなんだって食い放題の状態で豊かな自然を満喫し、尚且つ給金がもらえるだけでも充分と充足している。

この本、2009年の出版。
都市圏でも仕事が無い無いと言っている最中の出版。
まさに時宜を得ている。
雇用の今後の行く末は介護業界しかないように言われるが、林業などどうなんだろうか。ホームレス村でおかゆをすするよりははるかにマシのように思えるのだが・・・。

まぁ、まず自分が行かないことには始まらないか。

神去(かむさり)なあなあ日常 三浦しをん著(徳間書店)


03/Feb.2010
    12 >>