読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Dec.2018
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
- ハ行
-
ハッピー・リタイヤメント  浅田次郎
廃墟建築士 三崎亜記
ハイブリッドカーは本当にエコなのか?   両角岳彦
半島を出よ 村上龍
博士の愛した数式 小川洋子
白鳥異伝 荻原規子
はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか 篠田節子
ハケンアニメ! 辻村深月
驟(はし)り雨  藤沢周平
果てしなき追跡 逢坂 剛
花の鎖/境遇 湊かなえ
ハリー・ポッターと死の秘宝 J.K.ローリング
ハリー・ポッターと謎のプリンス J.K.ローリング
春告げ坂 安住洋子
ハッピーバースデー命かがやく瞬間 青木和雄
ハードル 真実と勇気の間で 青木和雄
阪急電車 有川浩
犯罪小説家 雫井脩介
犯人に告ぐ  雫井脩介
バージェス家の出来事 エリザベス ストラウト
バーティミアス プトレマイオスの門 ジョナサン・ストラウド
売国 真山 仁
バイバイ、ブラックバード 伊坂幸太郎
幕末史 半藤一利
ばくりや 乾ルカ
化物語 西尾 維新
バターサンドの夜  河合二湖
薔薇盗人 浅田次郎
晩夏のプレイボール あさのあつこ
盤上のアルファ 塩田武士
ばんば憑き 宮部みゆき
-
氷点 三浦綾子
ヒア・カムズ・ザ・サン 有川浩
東のエデン 神山健治
悲惨伝 西尾 維新
密やかな結晶 小川洋子
ひそやかな花園 角田光代
7月24日通り 吉田 修一
悲痛伝 西尾 維新
羊と鋼の森 宮下奈都
光秀曜変 岩井三四二
人質の朗読会 小川洋子
ひとり日和 青山七恵
火花 又吉直樹
悲報伝 西尾 維新
肥満と飢餓 ラジ・パテル
日御子 帚木蓬生(ははきぎほうせい)
秘密 東野圭吾
悲鳴伝 西尾 維新
姫椿 浅田次郎
ひりつく夜の音 小野寺史宜
昼が夜に負うもの ヤスミナ・カドラ
貧者を喰らう国  中国格差社会からの警告 阿古智子
美少年探偵団 西尾 維新
ビタミンF 重松清
ビヨンド・エジソン 最相葉月
-
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎
フェイク 楡周平
顔 FACE 横山秀夫
フォルトゥナの瞳 百田 尚樹
風神秘抄 荻原規子
ふがいない僕は空を見た 窪 美澄
筆に限りなし − 城山三郎伝 加藤仁
不撓不屈(ふとうふくつ) 高杉良
舟を編む 三浦しをん
不発弾 相場英雄
フランスジュネスの反乱  山本三春
フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由 横田増生
フリーター、家を買う。  有川浩
震える牛 相場英雄
憤死 綿矢りさ
仏果を得ず 三浦しをん
武名埋り候とも 西岡まさ子
ブラックオアホワイト 浅田次郎
ブラック・スワン降臨 手嶋 龍一
ブラックボックス 篠田節子
ブルー・ゴールド 真保裕一
ブルー・セーター ジャクリーン・ノヴォグラッツ
ブルータワー 石田衣良
ブレイブ・ストーリー 宮部みゆき
文学少女と死にたがりの道化 野村美月
文学少女と飢え渇く幽霊 野村美月
文学少女と神に臨む作家 野村美月
プーチン 内政的考察 木村汎
プリンセス・トヨトミ 万城目学
ぷろぼの 楡周平
-
兵士たちの肉体 パオロ・ジョルダーノ
変な国・日本の禁煙原理主義 山崎正和/養老孟司
ペテロの葬列 宮部みゆき
ペンギン・ハイウェイ 森見登美彦
-
ホームレス中学生 田村裕
放射線のひみつ 中川恵一
北天蒼星 伊東潤
星月夜 伊集院 静
星やどりの声 朝井リョウ
蛍坂 吉村 達也
本屋さんのダイアナ 柚木 麻子
ボックス! 百田 尚樹
ぼくらのひみつ  藤谷 治
ポトスライムの舟 津村記久子
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
魔術はささやく 宮部みゆき

サブリミナル効果っちゅう話題が出て来る。
サブリミナルっちゅうたらかつてはいろんなウワサが飛び交ったもんや。
某洋酒メーカーのCMの中に何コマか毎にドクロマークが入れ込んであったとか。
ドクロマークと飲酒願望とどんな関係があんねん?と思いながらその話を聞いたんを覚えてるわ。

オーム事件の頃も良う耳にしたなぁ。
麻原彰晃の写真が画像にしこんであったとかなんとか。

直近やったらニュース番組にサブリミナルが仕込んであったなんちゅう話もあったわな。
こういうサブリミナルみたいな潜在意識への働きかけがどんだけ人の行動に影響を及ぼすんか知らんが、出て来る話出て来る話・・もちろんウワサの粋はでえへんねんけどあんましええ話は無いな。
どうせ使うんやったら、もっと世の為人の為に楽しい映像入れ込んだらどないやねん。
吉本新喜劇風なんてどうや。
「ごめんください」と言うてるつもりが「ごめんくさい」にすりこまれたり、
「はじめまして、私、xx会社の○○と申します」と言うてつもりが
「私、xx会社の○○と申しますか?」と何故か知らんうちに疑問形になってもうたり、って全然世の為、人の為ちゃうがな。

まぁ、どんだけ効果あるんかわからんけど、たぶんきちっとした科学的な証明はなされてないんやろうと思うわ。

この本には催眠術の話題も出て来んで。
ようあるがな。
テレビなんぞで催眠術師の言うたままの事を無意識にやってしまうっちゅうやっちゃ。
あれも全然信用せーへんわけやないが、テレビでやってる事をまんま鵜呑みにする気にもなれんわな。

かつてあるんや。
体験してみたことが。
なんであんないかがわしいところを選んでもうたんか、自分でもよう覚えてへんねんけど・・。
とにかく晩、寝られへんかったんや。
毎日、仕事して疲れてんのになんでか晩に目がさえて寝られへん。
ほんで催眠療法とかいういかがわしい看板の場所へ新聞広告を頼りに行ってみたわけよ。
なんせ不眠症治療が看板やってんから。

そこには療法士か催眠術師か肩書き知らんが見るからにチンケな男が居ったわな。
その男、やけに抑揚のついた変な話し方で
「あなたはだんだんだんだん眠くな〜る、眠くな〜る」
「ほ〜ら腕が重た〜い、重た〜い」
「足も重た〜い、重た〜い」
「どんどん、どんどん深〜い、深〜い眠りにあなたは入って行きますよ〜」
     ・
     ・
ってな調子で頑張ってやってくれてるんやから、全然眠たないけど、ちょっとはかかったふりでもせんと悪いわなぁ、と思ってなんとか眠ろう眠ろうとすんねんけど、その意に反して全く眠たくならんわけよ。
頑張って目ぇつぶってたら、
「ほ〜ら、深〜い、深〜い眠りにあなたは入って行きました〜」
って言うとる。
アホか。
全く眠くもなんともない。
目は冴えまくりや。
こっちもさすがにもうあきらめて正直に言うてみたら、男は顔を真っ赤にして怒り口調やったわ。
「わざと眠らないようにしているんですか?」
「なんでわざわざ来てんのにそんなことせぇなあかん?とんでもないわいな。どんだけちゃーんと眠ろうと努力しとったか」
「だいたいね、あなた素直じゃないんですよ」
「そりゃ素直か素直でないかっちゅうたら確かに素直やないとは良ぅ言われるわ。 そやけどそれをあんたの言い訳に使われたないな。 なんでかってか?せっかく高い金払て眠りに来てんのに誰がわざわざ眠らんとこって逆らう必要あんねんな。 素直そのものや。 正直もんの御人好しさんやで。 しょうもない言い訳すんなや」
「その言い草が素直じゃないんですよ・・・」
   ・
   ・
   ・
てな感じで説教までしよる。さらに高い金を払わされて・・・。
催眠術がどんだけのもんかは知らんけどな。

まったくとは言わんけど、かかりやすい体質とそうやない体質があるんやろうとも思う。
でもその店に限ってはちゃうかったなぁ。
「その店」って店ちゅう呼称が正しいんかどうかわからんけど、そこへ来て眠ったやつはオッサンの勢いに逆らわんとこって思て眠たくもないのに眠ったフリしてただけやと俺は信ずる。
以後、そういう療法やらは全く信じてないわな。
寝酒の方がよっぽどマシやで。
これも酒を選ばんとあかんで。下手したら朝まで飲んでましたって、しゃれにもならんことになる。

サブリミナルにしても催眠術にしても懐疑心はあるけど、マインドコントールっちゅうのんは絶対にあるやろな。
どこからどこまでがマインドコントールの定義にあてはまるんかはようわからんけど、実際に一番その定義しかないやろっちゅう深いところにもろにはまったやつをこの目で見てるからな。

ってな感じで本の本題には全くふれずにここまで書いたった。
なんでも日本推理サスペンス大賞とやらを受賞した作品なんやろ。
感想みたいなもんはこれまで山ほど書かれてるやろうからな。
普通の感想みたいなもん書かれへんわ。
正直な感想では推理ものでもサスペンスものでもないと俺は思うけどな。

ほんでも敢えて踏みこまなあかんやろな。
この本、ちゅうより宮部みゆきさんはうまいわ。
サブリミナルの事も催眠術の事も錠前破りの事もよう調べてはるわ。
どんだけ催眠術にはまったって自分の脳の潜在意識に働きかけるわけやろ。
脳の潜在意識の中で一番強いんは自己防衛の意識やろうと思う。
そこを矛盾なく人をあやつる「魔術がささやく」道具にもって行ったんはさすがですわ。
主人公の少年がええわ。
あんだけ暗い過去を持ちながら、あの意思の強さ。
あれやで。
今の大阪府知事に必要なんは。
俺は大阪府民でもあり大阪市民や。
先だって大阪市長選や。
元MBSの平松さんが市長になりはった。
今度は府知事選や。
ノックを参議院にしたり、知事にした頃は大阪らしいというか江戸時代から続いてる政治は江戸、政治を嘗めてんのが大阪っちゅう大阪ならではの空気があったんやろぅけどな。
かつて大阪は江戸時代どころか明治・大正・昭和の途中までは政治以外では全て日本の中心地やったんや。
今や、日本の最悪の地方都市のひとつやで。
それも統計資料から言うと、ことごとくワーストの一位か二位らしいがな。
どないすんねん。次の知事さん。
日本そのものが大赤字のこのご時勢や。確かに大阪だけが悪いんとちゃう。
でもな、大阪はそのワースト一位か二位なんやで。
愛知の万博以降向こうへ持ってかれた仕事ぐらいは大阪に返してくれんねやろうな。
   ・
   ・
と、ムチャクチャお茶を濁しつつも俺の「魔術はささやく」のだった。

魔術はささやく  宮部みゆき著 日本推理サスペンス大賞


29/Dec.2007