読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Jul.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
幻庵(上)(下) 百田 尚樹

百田尚樹氏の熱烈なファンだったとしても、囲碁の経験が全く無かった場合、その方々はこの本を楽しめただろうか。

この本、江戸時代のプロの碁打ちの物語で、結構史実に忠実に書かれているように思えるので、どこからが百田氏の創作なのかは良くわからない。

たぶん、囲碁の専門用語について来れなくなった読者は上巻で脱落するだろう。

だが、この本は下巻からが、俄然おもしろくなっていく。

幻庵と名乗る前の井上因碩(いんせき)と本因坊丈和(じょうわ)との凄まじい戦い。

井上因碩は孫子の兵法を用いて、策を弄しすぎたために後に後悔する。

それにしても囲碁の戦いを文章で綴ることはかなり至難の業だろう。

読んでいるこちらも棋譜を見せて欲しくなる。

棋譜はポイントポイントで登場するのだが、打ち掛けとなったその一手のみ、もしくは、これが改心の一手と言われる一手のみにマークをつけられてもなぁ。

棋譜に@から順に全ての順を書いてくれとは言わないが、その直前の数手ぐらい記してもらわないと、その一手の凄味がアマチュア碁しか知らない人間には、なかなか伝わりづらい。

この本を書くにあたっては、百田氏、囲碁そのものや囲碁の古文献も調べまくっただろうし、現役のプロ棋士にもさんざん話を聞きに行ったことだろう。

ただ、その努力が万人に受け入れられたのかどうかは、疑わしい。


江戸時代の命がけの囲碁であったとしても、その一部の棋譜から面白さを感じ取れるのは、アマチュアでもかなり上段者じゃないんだろうか。

まぁ、別の読み方みあっただろうけど。


幻庵  百田 尚樹著
05/Jun.2017
カエルの楽園 百田 尚樹

なんともわかりやすい本だ。

天敵のダルマガエルの攻撃で、毎日毎日ダルマガエルに食われて命を落として行くアマガエルの一族。

長老は時が過ぎるのを待つ。今は耐えるしかない。
を繰り返すが、若い主人公その名もソクラテスは、座して仲間が食われて行く状況を待つことに納得がいかない。

60匹ばかりの同志と共に安住の地を求め、生まれ故郷を旅立つこととする。
だが、外の世界に安全な場所などなく、カラスに狙われ、マムシに狙われ、水の中ではイワナだって天敵だ。
仲間はどんどん減って行き、最後はとうとうソクラテスともう一匹の二匹だけとなってしまった。
その最後に辿り着いたのが、ツチガエルたちが住むナパージュというとても平和な国。

天敵が襲ってこないのだ。
天敵が襲って来る心配をしなくてもいい場所、というのは二匹にとっては、おそらく初めての体験。

何故、天敵が来ないのか。

この国には三戒を守っているからだ、とツチガエルたちは口ぐちに言う。
三戒とは
「カエルを信じろ」
「カエルと争うな」
「争うための力を持つな」

もう、皆まで読まんでも早くもこのあたりでなんとなく察しはついた。
が、読み進めて行くと、ツチガエルたちは謝りソングという唄を歌い、自分たちの国が過去に起こした残虐な行為を謝りつづける。

そしてその三戒を守り、謝りソングを唄うだけで、本当に平和で安全な国になるのか、この国についてもっと調べることにする。

そして新たにわかったのが、実態はスチームボートという名のタカの存在。
彼が崖の下から上がってくるウシガエルににらみを効かせていた。

三戒を守れば平和は来るのだ、と演説するのはこの国で一番物知りと言われるデイブレイクというツチガエル。そして皆が拍手を送る。

やがて、南の崖からウシガエルが一匹、そして二匹・・・と表れてくる。

いやぁ、そこまでそのまんまにしなくてもいいだろう、というぐらいに念入りだ。

言わずもがな「三戒」とは憲法九条で、ツチガエルたちが住むナパージュという国はもちろん日本。
スチームボートという名のタカはアメリカで、デイブレイクと言う名の物知りは朝日新聞。
南の崖から現れるウシガエルが中国。

その他、現在の南シナ海の現状とおぼしき内容を訴えるカエル。

安保の集団的自衛権についてとおぼしきやり取り。デモとおぼしき行為をする学生団体シールズと思われる若いカエル達。
三戒さえ守っていれば安全が保たれる、というが相手が三戒を守ってくれるわけじゃにだろう、云々の議論の応酬。

集団的自衛が出て来ているので、最近の話題だし、やはり今でもこういう議論はさんざんされてはいるが、ちょっと出がらしっぽい。

30年も前、いやもっと前なんだろうか。九条があるから日本は安全という神話がまかり通っていた時代にこの本が出たなら、まだ少しはインパクトがあっただろうに。

「永遠の0」「海賊とよばれた男」以来の名著だと言われてもなぁ。

百田さんの言いたいことはわかりますよ。

でもこの二冊と一緒にして欲しくないなぁ。

あれらは書くに至るまでにどれだけの歳月をかけて取材したのだろう、と思わせられる本だったし、実際に名著だと思う」。

でもこの本なら百田さん、一晩でテレビ見ながらでも書けちゃうんじゃないの?

カエルの楽園 百田 尚樹著
10/Mar.2017
輝く夜 百田 尚樹

この作家も泣かせる話を書かせたらうまい作家だ。

相変わらず「殉愛」以降、他の書き物はあってもストーリーテラーとしては沈黙のままだが・・、まぁいずれは書いてくれるんだろう。
これだけのストーリーテラーが沈黙のままでは、もったいなさすぎる。

この本、クリスマスイブの晩が舞台のとびっきりの話ばかりを集めた短編集。

「魔法の万年筆」「猫」「ケーキ」「タクシー」「サンタクロース」の五篇。

共通しているのは、皆、心根の優しい人で、真っ正直に生きていている。
決して恵まれているわけではなく、結婚とも縁がない。
・イブの日にリストラを言い渡される女性。
・イブの日にデートなどは無関係で派遣先の会社で残業をする女性。
・まだまだ若いのに、癌が全身に転移して、余命いくばくもないことを知った若い女性。

五篇の中でもその象徴のような作品が、初っ端の「魔法の万年筆」だろうか。
イブの日にリストラを言い渡された彼女に一人のホームレスが目にとまる。
ホームレスは「三日間、何も食べていません」と目の前に白墨で書いている。
彼女はとっさに千円札を出そうとして辞め、ハンバガーショップでハンバーグを買って来て、ホームレスに差し出し尚且つ、五百円玉も傍らに置いて行く。
なりが悪くては、店も売ってくれないだろうという配慮。

そんな彼女にホームレスから、願いを書けば三つだけその願いが叶うと言われて渡された、鉛筆。
それで彼女の書いた願いのなんと慎ましい事。

そんな彼女だからこそ、サンタこと百田氏は飛びっきりのプレゼントを用意する。

長編もいいけど短編もいいですね。

また新たな百田ワールド、期待してますよ。


輝く夜    百田 尚樹 著


25/Feb.2016
フォルトゥナの瞳 百田 尚樹

死の迫った人の身体が透明になって見えてしまう。
そんな能力が突如身についてしまった青年の話。

だんだんと見慣れて行くと、その透明度に応じておおよその死期までわかるようになる。元気そのものの若者で全く透明状態なら病死ではなく事故死だろう、とかおおよその想像がつく様になって来る。

もっとも、全く透明なら顔面が青白くて今にも死にそうな顔をしててもわからないんじゃない?などと瞬間思ってしまうが、やぼな突っ込みというものだろう。
運命は変えられないか?と青年は自問しながらも直後に事故死をするなら、話しかけたりすることで、一瞬、次の行動を遅らせたりすることで事故を免れるんじゃないか、とチャレンジしたりする。

ある時、そんな能力を持った人間が自分だけで無い事がある時、判明する。
その能力をもう何十年も持ったまま、何も行動をせずに知らん顔を決め込むのだという。
なんでも、その能力を使って人の運命を変え、本来なら死んでいるはずの人を救ってしまうと、その分自分の寿命が短くなってしまうのだという。

ならば、こんな能力など無ければ良かったのに・・・と自問する青年。

この物語の青年はどこかしら「永遠の0」の宮部少尉に通じるものがある。
未来のある幼い子供達が死んでいく、それがわかっていながら何もせずにいられるのか・・・。


百田さんはストーリーテラーとして、素晴らしい才能を持っておられる方。

「殉愛」をめぐってのトラブルがまだ続いているのだろうか。

一時は良くメディアにも登場されたのが、このところパッタリと登場されなくなってしまった。
メディアへの登場はどうでもいいのだが、せっかくの才能。
このまま埋もれさせていいわけがない。

もっともっと百田ワールドを見せて欲しいと願うばかりだ。



フォルトゥナの瞳 百田尚樹 著


01/Jun.2015
殉愛 百田 尚樹

かれこれ10年間、この読み物あれこれを続けているが、1ヶ月丸ごと穴をあけてしまったのは2015年1月が初めてかもしれない。
別に天変地異が起こったわけでもないのに。

さて、良くも悪くもあちらこちらで取り上げられているこの本を読んでみた。

この本へのバッシングがものすごい。

バッシングの矛先は作者の百田尚樹氏へはもちろん、主役のさくら女史、そればかりか出版社へも。

どうなんだろ。そこまでボロクソに叩かれなきゃならないほどのものだろうか。

なるほど、確かにアルファベットで登場するK氏やU氏という特定の人物への見方がかなり一方的だな、という感じはした。
また、新たに来た奥さんになる前の彼女に対する態度なら、そんなものだろうな、という感じもした。
いずれにしろK氏やU氏への裏付け取材は行っていないだろう。
では裏付けがないからノンフィクションではないのか?
ジャーナリズムが裏付け取材無しに記事を書く事は致命的だろうが、この本は報道では無い。
さくらという女性に徹底的にヒアリングし、彼女の立場から彼女の視点からのみの取材に基づいたノンフィクションと言えば、ノンフィクションだろう。

たかじんそのものがさくら女史と出会って幸せだったかどうかは巻頭にある二人で一緒の時のたかじんの安心しきった様な笑顔を見れば、一目瞭然だろう。

ただ本人としては最後まで新地でワインを飲み続け、タバコも吸い続け、仕事も続け、ある日突然ばったり、という生き方、死に方を望んでいたかもしれない。
だが、そうなっていれば、「やしきたかじん」の名を冠しての番組は追悼番組と共に消え去っていたのではあるまいか。

病に倒れたが「必ず復帰をお待ちしてます」との意をこめて関西の「たかじん」の冠3番組は本人不在の1年を乗り切った。
1年後に復活を遂げるが、1ヶ月もたたずに再入院。
それでも「みんな待っていますよ」と冠をつけた番組は本人不在のまま続行されて来た。
本人不在でも続けられる冠番組として定着してしまった。ご本人ご逝去の後も3番組共、まだ「たかじんの○○○○」と冠を付けたまま、はや1年が過ぎた。
もうずっとそのまま続き続けるだろう。

それにしても、病が発覚してからの2年間というもの、一人の家鋪隆仁という素の人間に戻ったなら最愛の人と過ごした幸せな期間と言えば幸せだったろうが、もう一方の「やしきたかじん」という立場に立った時はつらいつらい2年間だっただろう、とつくづく思う。
待ってもらっているスタッフ、番組、視聴者、彼らを裏切るわけにはいかない、という強い思い。
自ら、「三宅先生が亡くなったらこの番組はその時を持ってやめる」と言い切っていたものが、三宅先生には先立たれ、且つ「続けなさい」という遺言まで渡され、自分の意識さえ混濁する中、転院に継ぐ転院。

それにしてもバッシングの嵐はどこまでが捏造だと言っているのだろう。

さくら女史の過去がどうであれ、この2年間の彼女の懸命な看護も介護も全て捏造なのだろうか。
その症状から病を調べ、担当の先生に治療法を相談しに行き、そこが無理ならもっと専門の医師のいる病院へ転院し・・・。
たかじんなら、その先生への義理からおそらくやらないだろうことをやってのける。

各病院の先生方、看護師の方々は皆、実名で書かれている。
それらの方々をして「あんな看護を見た事が無い」と驚嘆せしめている、懸命な看護も皆百田氏の捏造だとでも?
ならば、実名で書かれた方々が真っ先にクレームをつけるなりでそれこそもっと大騒動だろう。

やっぱり、お金の問題で揉めている最中の事柄を話題にし、且つ片方にだけ肩入れしたりすると、某かのバッシングは覚悟せねばならない、ということなのだろう。


殉愛 百田尚樹 著


10/Feb.2015
    12 >>