読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Jul.2017
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
一応の推定 広川 純

「自殺そのものを直接かつ完全に立証することが困難な場合、典型的な自殺の状況が立証されればそれで足りる」
「その証明が『 一応確からしい』という程度のものでは足りないが、自殺でないとする すべての疑いを排除するものである必要はなく、明白で納得の得られる ものであればそれで足りる」
それがタイトルでもある「一応の推定」の定義だそうだ。

ひとりの男が電車にはねられ、死亡する。
損害保険会社の依頼で事件の調査に当たるのは定年退職目前のベテラン保険調査員。
自殺であれば損害保険会社は遺族へ保険金の支払い義務は無い。
調査員の仕事とは、その死亡が自殺によるものなのか、事故によるものなのかを調べることになる。
会社としては当然ながら自殺であることを証明しようとする。
遺族は、事故だというに決っている。

調査を進めるに連れ、自殺であってもおかしくないようなことがいくつも判明してくる。
・死亡した男性には、渡米して臓器移植の手術を受けなければ、余命いくばくもない孫がいて、その渡米のためには多額のお金が必要だった。
・保険に入ってから間が無い。
・死亡した男性の会社は実は倒産していた。

次から次へと出て来る材料は、男が自殺したのでは?と思わせることばかり。
「一応の推定」の成立として報告書を仕上げてしまうことも出来るのだろうが、それでもこの調査員はまだまだ調査を続行していく。

老調査員は死亡事故のあったJR膳所駅まで行き、死者の最後の直前の場面を自ら再現してみたり、階段からの歩数を図り。列車のスピードを調査し・・・。目撃者がいる可能性があれば、今度はその男を追いかける。追いかけた先の京都に既に住んでいないなら、その別れた奥さんを追いかけて鳥取まで出張する。

保険の調査員は刑事ではないので、捜査権などはもちろん無い。
あくまでも人の善意に訴えて、証言を引き出していく。
そこはベテランならではと言ったところか。
作者自身保険の調査員だったというから、ご自身での体験が大いに著されているのだろう。
なかなかに読み応えのある一冊だった。

次作の「回廊の陰翳」が京都の本屋大賞BEST3。

この本がデビュー作にして松本清張賞を受賞。

こちらは京都よりも寧ろ大阪。新世界界隈もあれば、淀屋橋から北浜の界隈やら、日常に歩いている場所が頻繁に登場するので、親近感は満載である。


一応の推定  広川 純 著 松本清張賞


20/Dec.2013
回廊の陰翳 広川 純

琵琶湖疏水に男性の死体が浮かぶ。
亡くなったのは京都に総本山を持つ宗派の僧侶。

昔、水泳でインターハイまで進んだ友人が溺れて死んだという事故死扱いに大学時代の親友達は納得行かない。

時を同じくしてその総本山にある寺院から国宝級の仏像がある会社の社長に売却されたという告発文が警察に届き、警察は内偵を始める。

僧侶の親友達もまた警察とは別に友人の死の原因を調査しはじめる。

著者は元々は保険会社の調査員の仕事を元々を行っていたのだというだけあって、尾行、張り込み、聞き取りの最中にやったことのある人でなければ出てこないような気づきがかきまみえる。

京都では「白足袋族に逆らうな!」という暗黙の掟が古来よりあるのだという。
その白足袋族の筆頭が僧侶。

その僧侶の総本山のトップ。
管長や総長は議員による選挙で決まるのだとか。
公職選挙法の対象外なので、どれだけ札束が飛び交おうが選挙違反で捕まることはない。
そんな札束選挙で選ばれた総長や管長が祇園で派手に遊び、妾を別宅に持ち、全国の傘下の寺院から集まったお金を私物化する。

この本、京都の本屋大賞にあたる京都本大賞のBEST3の一冊。
確かに京都の知っている地名がいくつも出て来る。
京都人にというより、京都に観光で良く来る人などが喜びそうな本だ。

広川純という作家は、なんでも前作のデビュー作で、松本清張賞を受賞したのだとか。確かにちょっと松本清張っぽい作品だな。


回廊の陰翳(かげ)  広川 純 著 京都本大賞のBEST3


19/Nov.2013
    1