取り付けについて

かんたんにお取り付けが出来ます。
今お使いの引き戸が自動で閉まる自閉式引き戸に変わります。
閉まり際を「そろり」と閉めるのが得意です。


取り付けできる引き戸について

対象の引き戸

  1. ※ただし長年ご使用になって回転部分の磨耗の激しい場合(引き戸が重いもの)は戸車を交換してからお取り付けください。
     又、レール部に損傷のないことを確認してください。
  2. よくいただくご質問をまとめています。そちらもご確認ください。
   取り付けできる引き戸について(PDF)   外形図(PDF)

取り付けに必要なスペース

  1. ※取付に必要なスペースが確保できていない場合でも、状況によっては取り付けできる場合がございます。
    取付が可能かどうか不明の場合は、取り付け予定の場所の画像をご用意、もしくは引き戸の型式などをお調べの上、一度弊社までお問い合わせくださいませ。

取り付けできない引き戸・場所

▲ページのトップへ

取り付けて閉まらない場合の確認事項

戸車がレールから外れているなど、引き戸が正常の位置にない。
引き戸を一度外して取り付けなおしてください。その際にワイヤーは外してください。
下枠レールにゴミなどがついている、又は溜まっている。
清掃をしてください。
戸車に傷がついたり、すり減りが生じていたり、ベアリングが磨耗している。
業者さんに修理を依頼してください。
振れ止めに傷、変形がある。(振れ止めの無いものもあります)
業者さんに修理を依頼してください。
上枠・下枠レールに傷、変形がある。
業者さんに修理を依頼してください。
クローザーの引き力調整が弱い。(上記5項目確認後調整する)
調整ダイアルを強い方向(右回転)に回してください。2段階回したら引き戸を10cm開いて閉まることを確認してください。閉まらなければ更に右方向に2段階回してください。
引き戸クローザーの内部機構が経年劣化(寿命)して機能が発揮できない。
事前にご連絡いただいた後、故障内容を明記の上、弊社までお送り下さい。購入から1年を越えた場合は有料になります。

▲ページのトップへ