エムエムアイ株式会社

Man Machine Interface MMI

ABOUT US

「エムエムアイ」の社名の由来はMMI=M Man  M Machine I Interface (Man Machine Interface)です。
人 と 機械(コンピュータ)との 間を取り持つ のが役割りです。

かつて「動かないコンピュータ」という連載が雑誌にありましたが、エムエムアイ株式会社は「使えるコンピュータシステム」を責任を持って構築する会社であります。 だからこそ、エムエムアイ株式会社は「システム提案」に最も力を注ぎます。 設立当初は金融系のシステム構築を業務の柱としておりました。
その後、オープン系のシステム開発を主体とし、一般会計、管理会計、固定資産、経費管理、予算管理、売掛管理、買掛管理、回収支払管理、請求発行システム、リース管理、資金管理、資金決済、外国為替、販売管理、在庫管理、受発注管理、工事管理、工程管理、給与管理、介護関連システム、人材管理システム、支店経営システム・・・・ 企業の業務系 と言われる分野はほとんど手掛けて来ております。
その各々が別システムとして存在するよりも寧ろTOTALとしてのシステムのプロデュースを行って参りました。

その他特殊な分野としてはコンピュータテレフォニー(CTIシステム)、企業以外では団体の中の団体管理、個人情報管理、学校関連では入学者募集の管理から入学願書管理、入学者管理、成績管理、出欠管理、退学者、卒業者管理・・・などなど
エムエムアイ株式会社 は 単に依頼されたシステムの開発を行うのでは無く、クライアント企業にとって、"コンピュータシステムがどうあるべきか”の提案を行います。また、コンピュータシステムの立案、設計、構築、導入、導入後の保守まで一貫して行います。ですので、一般に言われるコンサル会社とは異なりますし、単なる開発会社とも異なります。

前述のシステムも各々が単発のシステムではクライアントにとってのメリットはないでしょう。
受発注管理が在庫管理につながり、販売管理につながり、販売管理は売掛金管理につながり、一般会計システムにつながる。すべてつながったシステムで無ければ、結局、間に人手が介在し煩わしいシステム構成となるでしょう。

エムエムアイ株式会社は今後も顧客企業のコンピュータシステム構築の提案から最終導入、導入後に至るまで責任を持つ会社であり続けます。

【設  立】
昭和63年 4月 2日  エムエムアイ有限会社として設立
平成14年 12月1日  エムエムアイ株式会社に改組 (資本金:1,000万円 )
平成22年 2月19日  資本金1,500万円に増資
【資 本 金】
1,500万円
【新大阪事務所】
〒532-0011 大阪市淀川区西中島6丁目1ー15 アセンズ新大阪 9F
TEL:06-4805-7702
FAX:06-4805-7703(広告・チラシの類、ご遠慮下さい)

<参加団体>
関西電子情報産業協同組合
 同ビジネスリンク部会
 同組織委員会
大阪商工会議所
納税協会
大阪能率協会
 同経営革新支援室
Jasipa関西

◎人派 特-27-300736

代表挨拶