「MMI AI-OCR with AI inside」とは?

「MMI AI-OCR with AI inside」は手書き書類や帳票の文字読取を行い、 データ化するAI技術を使ったOCRサービスです

大量の書類のデータ化により帳票処理業務の稼働削減が期待できます

※本サービスのご利用には、スキャナー等の帳票類を電子化する機器およびインターネット接続環境が必要です。

「MMI AI-OCR with AI inside」で手書きの書類をデータに変換
「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と連携することで自社システムへの入力まで自動で行えます

「MMI AI-OCR with AI inside」のAIを使いデータ化、ファイルを出力し、RPAで自社システムへも自動入力 RPAについて詳しくはこちら

読取精度は、 96.71%

手書き文字を含む20,275文字でテスト

ITに詳しい専門家がいなくても使いこなせる

直感的で使いやすいブラウザベースの利用者画面
かんたんなマウスの操作だけで、読取の設定が可能です

RPAと組み合わせることで、稼働時間を半減!

同じ様式を何枚も自動で認識するので、稼働削減が期待できます
RPAツールに連携することで、入力や読取結果の活用の自動化を進められます

高い識字率の仕組み

■AIにより飛躍的に識字率が向上したOCRが、 業務効率化のキーポイントとなります。
■ディープラーニング、住所DB等を用いた補正による高い識字率。

従来のOCRとは違い、「MMI AI-OCR with AI inside」はAIのディープランニング、また住所DB(補正用データーベース)を適用することで高い識字率を誇ります

読取り事例

■紙のデータ化からシステム投入まで自動化することで稼働を削減。

「MMI AI-OCR with AI inside」は手書きはもちろん、欄外にはみだした数字の自動補正、修正箇所(訂正印・黒丸)の読み飛ばし、画像の歪み・傾きの自動補正も

直観的で分かりやすい利用者画面

「MMI AI-OCR with AI inside」トップページからフォルダと定義を選び、ドキュメントを読み込ませます
ドラッグ&ドロップで読み取り箇所を簡単に設定、出力前に読み取り結果を画面上で確認して修正など、ブラウザベースの利用者画面は直感的でわかりやすい

なくならない紙業務

紙を使った定型業務の効率化のために、
「MMI AI-OCR with AI inside」と「RPA」のセット利用をご提案します。

受発注、生産・在庫管理、請求関連、営業管理、経理・総務など「紙」をなくせない職場こそ、「MMI AI-OCR with AI inside」と「RPA」のセット利用で業務の手間・時間を大きく削減できます

なくならないからこそ、
「MMI AI-OCR with AI inside」と「RPA」のセットで
紙業務にかかる時間、手間を大きく削減できます!

「MMI AI-OCR with AI inside」はIT導入助成金を受けることでお求めやすく手に入ります お問合せフォームへ

※今年度よりIT助成金申請にはGビズIDの取得が必要になります。
未取得の場合は取得にも時間がかかりますのでお早めにご相談ください。

紹介動画

手書きの送り状の内容を読み取り、CSV出力する様子です。
また、領収証と送り状を仕分けし、内容を指定してCSV出力する流れをご確認いただけます。

ドキュメントの読み取りを詳しく見るドキュメントの仕分けを詳しく見るRPAでのOCR自動実行を詳しく見る
こんな事例での活用も
「MMI AI-OCR with AI inside」はIT導入助成金を受けることでお求めやすく手に入ります お問合せフォームへ

※今年度よりIT助成金申請にはGビズIDの取得が必要になります。
未取得の場合は取得にも時間がかかりますのでお早めにご相談ください。