読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Jun.2021
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
- マ行
+
+
-
武者小路実篤
村上春樹
村上龍
村田沙耶香
村山早紀
村山由佳
室積 光
+
+
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
シーソーモンスター 伊坂幸太郎

「シーソーモンスター」「スピンモンスター」の2作がおさめいるされている。

シーソーモンスターを読み始めた時、これはかなり以前に出版された本だったのか?と一瞬思ってしまったが、米ソ冷戦の話だったり、バブルがどうもはじける前の話になって来たので、時代背景をそこに置いただけかと納得した。
伊坂氏にしてはさすがに古すぎだろ。

単なる時代設定にしても何ゆえ、敢えてバブル全盛期を背景に書く必要があったのだろう。
ひょっとしたら急に舞台を現代に時代を変えて来るための布石なのか?と期待したが、そのままの時代で幕は下りた。

嫁と姑の間に挟まれる可哀想な男の話から始まるが、その嫁の方が実は諜報機関の元キャリアで、頭脳明晰・格闘技万能。
亭主はそんなこと一切知らない。

格闘術だけでなく、その場その場にて臨機応変に対応できる人とのコミュニケーション能力も抜きんでているわけなので、姑とのコミュニケーションなど容易い事だと思っていたが、どうにもこの姑にだけはそれがうまくできない。

それどころか、何年か前に舅が事故死したのも、実は姑の保険金目あての殺人ではないか、と疑い始めるとことまで発展する。
その先はネタバレになるので書けないが、最終的には適度ないい距離に落ち着く。

方や「スピンモンスター」は近未来。
全く別の話だと思って読み進めて行くうちに、「シーソーモンスター」の登場人物が出て来て、話は繋がっていたのか、と気づかされる。

この近未来なかなか現代への風刺が効いている。

2021年の現代、政府の目標はデジタル社会の実現。

そのデジタル化の行きつく先への反省もあってか、人々は電子化に抗い、手書きの紙媒体を配達人という民間を使って、人手で持ち運ぶと言うメッセージのやり取りを始める。

もちろん、停電などの災害続きで電子データのもろさが露呈してしまったことや、SNS等のデマ、誹謗中傷などももう辟易としてきたことも相まってのことだろうが、何より一旦電子データにするイコール誰かに読み取られることを覚悟しなくてはならないという恐怖があってのことだろう。

とは言え、一旦構築されたデジタル社会。
そう簡単に覆されることは無く、今のスマフォに類似の端末で一元化された個人情報にて人の動きも金の動きも即座に明らかにされてしまう。

ここで二人の濡れ衣を着せられた男たちの逃走劇が始まるあたり、「ゴールデンスランバー」を彷彿とさせられるが、この近未来では、ニュースそのものがどんどん捏造されて行き、起きてもいない事件がどんどんニュースで流され、彼らは起きても居ない事件の首謀者として指名手配並みにニュースで流される。

それらの偽ニュース、全部AIが作ってAIが報道している。
というあたりは「ゴールデンスランバー」よりもはるかに怖い。

主人公には因縁の相手がいる。

小学生のころ 自動運転の自動車事故で肉親全てを失い天涯孤独。
全く同じ境遇なのが、その自動車事故でぶつかって来た相手の家一家。
小学生たった一人が生き残り、その二人が、高校でも出会い、この逃走劇でもまた出会う。

この二人の憎悪こそ、「シーソーモンスター」での姑と嫁の関係と同じ海族対山族ということなのだが、何も強引に海族対山族に持って行かなくても・・と思ってしまうが、

どうもこの「シーソーモンスター」と「スピンモンスター」という2作、
「螺旋プロジェクト」という計8人の作家が古代から未来までそれぞれの時代を舞台に海族と山族の対立を軸に描かれる大物語の中の二つの時代を伊坂氏が任されたということらしい。

他の作家のものも読みたくなってしまった。
諜報部員の奥さん、出てくるんだろうか。


シーソーモンスター  伊坂幸太郎著
02/Mar.2021
ホワイトラビット 伊坂幸太郎

仙台の閑静な住宅街の一戸建てで起こった立て籠もり事件。
犯人の要求はある男を連れて来る事。
その男の特徴はやたらとオリオン座に詳しく、語りだしたらとまらないということ。

今回の話には
オリオン座の話がやたらと登場する。

もう一つ「レ・ミゼラブル」もやたら登場する。

「レ・ミゼラブル」を読んだ人は多いだろうが、ちゃんと内容を覚えている人がどれだけいるかと思うと、心もとないが、この中の登場人物たちはかなりの「レ・ミゼラブル」通だ。
私も中学時代に読んだし、ジャンバルジャンの名前ぐらい覚えているが、そのセリフまでなんて出てくるはずもない。

ホワイトラビットと言う小説、なんという奇想天外な構成なんだろう。

時間が前へ行ったり、後ろへ行ったり、こんがらがることこの上ない。
それでも最終的にはちゃんとわかるようになっているところが伊坂幸太郎さんの巧みなところ。

発生時刻の順に話が進んでいけば、なんのことはないのだが、時間を前へ後ろへと行ったり来たりすることで、何度もどんでん返しのようなことが起きる。

と言いつつも二度読みして、なるほどね、とあらためて途中まで作者のたくらんだしかけにまんまとはまっていたことに気が付くのだ。
どこをどうピックアップしようにも全部ネタバレになってしまいそうで内容はほとんど書けない。

おそらくこれだけ何度も登場させた以上、「レ・ミゼラブル」の手法を被らせたのだろうが、「レ・ミゼラブル」でそんなに行ったり来たりがあったんだったっけ。
あまりに昔に読みすぎてもう覚えてない。

誘拐ビジネスという新たな犯罪手法を編み出す輩が出てくる。

「誘拐という犯罪は割に合わない」というのが一般的な見方だろうが、このビジネスを編み出した男の発想はまた違う。

身代金ウン億を要求するような拙い事はしない。

出来る範囲の事をやらせる。払っても惜しくないぐらいの金を要求したり、それは金でなくても、その人の得意分野で出来る範囲のことをやらせる。

投資家なら特定株を買う、もしくは売る。
何かの賞に推薦できる立場なら誰かを推薦する、もしくはしない。
手術をする立場なら、オペをする、もしくはしない。
そういう行為が身代金代わりだ。

伊坂さんがこれを世に出すことで、その新たなビジネスがはびこらねばいいのだが・・・。


ホワイトラビット 伊坂 幸太郎著<br />
09/Oct.2020
AX 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品には何度か殺し屋が登場する。
今回登場するのは通称「兜」という殺し屋。

外では恐いもの無しの男が、家へ帰ると、そこまでして恐れる必要がどこにあるのか。と思うほどの極端な恐妻家。

何が食べたいと聞かれて「なんでもいいよ」という回答は一番いけない。
手がかからない、簡単にできそうなものをセレクトして回答する。
そして作ってもらった料理はどんな味でも一口でやめてはいけない。

相手の話には常に大きく相槌を打たなくてはならない。

「怒ってる?」と訊ねて「別に怒ってない」と答える場合は、基本的に「怒っている」。

会話はまず「大変だね」から始める。

という具合に妻を怒らせないためのマニュアルまで作り上げる。

妻に突っ込まれそうになるたびに息子がうまく助け船を出してくれたりする。

逆に息子からしてみれば、なんで母親にだけはあんなに卑屈になるのか、と疑問でならない。

この男、殺し屋稼業をもうやめようと思っているのだが、仕事を仲介してくる医者がなかなかやめさせてくれない。

このAXでは押し屋、檸檬、蜜柑・・などの別の伊坂本に登場した殺し屋たちの名前も登場してくるので少しうれしくなる。

途中まで読んで、どうも以前読んだことがあるような気はしていたが、類似の作品かもしれない、と読み進み、深夜デパートにデパートに来たシーンあたりでは既にその続きを知っていた。
最後近くのボーガンのシーンではっきりと蘇った。どのシチュエーションで読んだ本なのかをはっきりと思いだした。
蟷螂の斧あの時に読んだ本だ、と確信した。

そうだ。「蟷螂の斧」を所詮カマキリだなどと甘く見てはいけないのだ。
それをこのシーンではっきりと思い出した。

この男、殺し屋という物騒な商売をなりわいとしながらも、家族思いで、ひたすら優しい男の話なのだ。



AX アックス 伊坂幸太郎著
28/Sep.2020
フーガはユーガ 伊坂幸太郎

子どもへの父親の虐待、母親は見て見ぬふり。
しょっちゅう出てくる話で、今年も何度かニュースのTOPを飾る。

ニュースのTOPを飾るのはその子供が亡くなってからの事で、人知れず行われている虐待などは山ほどあるのだろう。

これまでの伊坂氏の作品にも何人もの悪人が登場するが、結構愛嬌があったり、憎めない性格だったりするのだが、今回の悪人たちは到底そんな可愛らしい連中には遠く及ばない。

この物語、優我と風雅という双子が主人公。
この二人も父親の虐待と母親の無視をずっと体験してきている。

彼らはある日、突然に互いが瞬間移動で居る場所が入れ替ることに気が付く。

彼らの戸籍上ではない本当の誕生日に2時間置きに。

それをなんとか有効活用できないか、とずっと小さい頃から考え続けるのだ。

片方が変身後のヒーローの格好をして、丁度その時間にもう片方が「変身!トリャー!」とやればどうなるか。
なんか、そういう発想するだけでわくわくするなぁ。

彼らは父親の虐待を日常的に受けていたわけなのだが、もっとひどい目にあっている人も居て、親が死に引き取られた親戚の家で、まるでペットの様に飼いならされている少女。ペットならまだ可愛がるだろうが、その逆で家の中の巨大水槽ので溺れて苦しむのをそういう趣味を持った人間を集めてショーを開催するといういかれっぷり。

かと思えば子供を動けなくなるようにした後に車で前から轢き、バックしては轢き、という残忍なやり方で死なせる人間。

人間じゃねぇ、という連中がわんさか出て来る。

そんな読み物、本来ならかなりずっしりと重たい、暗い気分になってしまうところ、そこを悲壮感を漂わせずに一気に読ませてしまうところが伊坂氏ならではだ。

フーガはユーガ、ちょっと異色の伊坂小説ではあるが、やっぱり映画化されるんだろうな。
案外、ゴールデンスランバー並みの名作になる様な気がする。

って、単に自分が見てみたいだけか。


フーガはユーガ -TWINS TELEPORT TALE- 伊坂 幸太郎著
13/Sep.2019
火星に住むつもりかい 伊坂幸太郎

テロ撲滅を目的に作られた「平和警察」と言う組織。
本来は海外のテロ組織のメンバを確保する事が目的で作られたのだろうが、お題目と運用がかけ離れてしまうこと、多々あるものだ。

交通事故を減らす事が目的の取り締まりのはずが、いつの間にか交通課警察のの点数稼ぎのためとしか思えないようなことだってある。
でも必ず言われるだも交通事故は減ったでしょ。

ただこの「平和警察」は次元が違う。

一般市民が嫌いなやつを嵌めてやろうと思っただけで、即機能してしまう。
通報一つでますは勾留される。
自白を強要されるような拷問を受け、自白させられると今度は一般市民を集めた場所でギロチンでの公開処刑。
容疑はなんだったのか。
テロの一味だと思ったのなら、そこで処刑してしまっては意味がないだろう。
もはやそんな普通が許される状態からどんどんかけ離れて行く。
しかし何故歯止めが効かないのか。
だって犯罪件数は減ったでしょ。
それが推進派の言い分だ。

かつてアメリカの9.11テロの後、時の米政府はこれはテロとの戦いだと対テロ宣戦布告をし、怪しいと目される人物と関わった人さらにその関わった人に関わった人と次から次へと監視の網を広げて行く。
これは後にアメリカから亡命したスノーデンの告発によってもそれがプログラムによってかなり大規模にしかも世界に網を張った状態で行われていたことが明らかになって行くのだが、そんな監視社会を「平和警察」は作ろうとしたのか。
いや、もっとひどい。
監視によって容疑者となったなら、まだ容疑者としての根拠があるが、ここに出て来る「平和警察」は何でもやりたい放題。
自分の気分で捕まえることだって処刑まで持って行くことだって出来てしまう。

これに立ち向かうのが黒づくめの謎の人物。
その捜査協力に東京からやって来た真壁という捜査官。
結構立場が上なんだろう。結構「平和警察」のことをボロカスに言っても平気な立場なんだから。
いいなぁ、この人のキャラ。
話しの流れなんてお構いなしで虫の生態なんぞを語り始めてみたり、謎の人物をたぶん「正義の味方」と名付けたのも彼。

この小説、ジョージオーウェルの世界と比較されるんだろうな、と読みながら思ったが、
案外この平和警察に捕縛された段階で、メディアからも一斉に袋叩き。やがては公開処刑という一連、ネット世界での炎上、袋叩きの方が似ているところがあるような気がしないでもない。

正義の味方はそこにも出て来てくれるのかなぁ。

火星に住むつもりかい 伊坂 幸太郎著
06/Jan.2019
    12345 >> ...6

アルミ缶、スチール缶の缶つぶし 空き缶つぶし機のUAシリーズ

引き戸クローザー 簡単取り付け

印染めのれん
暖簾(のれん)


はっぴ
法被(はっぴ)


注染本染め
注染本染め浴衣

高級ゆかた