読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Dec.2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
残り全部バケーション 伊坂幸太郎

伊坂という人、憎めない悪人書かせたら天下一品だな。
悪人というカテゴリに押し込めてしまっていいのだろうかとさえ思えて来る。
要は合法的でないことを「なりわい」とする人たちか。
裏家業の派遣屋さんみたいな表現を登場人物が言ってたっけ。

ベテランの溝口と若手の岡田という二人の裏家業コンビが主役の小編がいくつか。
岡田君は憎めないどころか。心優しい男。

「残り全部バケーション」
夫の浮気が原因で夫婦離婚。娘も一人住まいを始めようという一家最後の団欒の最中に父親の携帯に入って来た「友達になりませんか」という無作為メール。
常識的には削除して終わりだろうが、「友達になってみようか」って父親、何考えてんだか。母親も「いいんじゃない」って何考えてんだか。

普段は人を脅していくらの世界で生きているくせに、父親から虐待を受けている子供を助けたくって仕方がない岡田。
誰が何言ったって、その場限りで終わりだ。大きくなるまで辛抱しろ、とすげない溝口。どこで考えたのが、ターミネータの映画さながらに未来からその虐待父親がやって来て本人の説教させる演出を編み出してしまう。
この「タキオン作戦」という一編は傑作だ。

自分の父親が外国で活躍するスパイだと思い込んでいる小学生。
その同級生が岡田。
岡田の小学生時代が書かれているのが「小さな兵隊」。
岡田は同級生から何を考えているのかわからないやつ。「問題児」扱いされているが、問題児ならその答えとなる答え児もあるんじゃないか?
すごい発想だが、岡田の問題行動には確かに答えがあった。
彼は問題児でもなんでもない。
勇気あるれる正義感の強い子だった。

最後に溝口もいい味だしてる。
「とんでもない」という時に使うらしい「飛んでも八分、歩いて十分」というはやり言葉。
「飛んでも八分かかるなら歩くのと二分しか違わねーじゃん」
とくさす男に、それでも飛ぶだろ!飛びたいじゃねーか!と言い返すあたりはオッサンなのに可愛らしい。

冒頭の一家が最後の一編のどこかで登場するのが伊坂風だろうと思ったがさすがにそれは無かった。

圧巻はラストのあたりだろうが、それは書かない。

早く言ってみたいものだ。

残りの人生、全部バケーション!


残り全部バケーション 伊坂幸太郎 著


23/Feb.2015