読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Dec.2018
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
- ア行
-
アーサーとジョージ ジュリアン・バーンズ
i 西 加奈子
アイアン・ハウス ジョン・ハート
愛妻納税墓参り 三宅 眞
哀愁的東京 重松清
愛と幻想のファシズム 村上龍
アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎
愛、ファンタジア アシア・ジェバール
アウト&アウト (OUT-AND-OUT) 木内一裕
赤いカンナではじまる はらだ みずき
赤毛のストレーガ アンドリュー・ヴァクス
赤猫異聞 浅田次郎
赤ヘル1975 重松清
アキハバラ@DEEP 石田衣良
悪党パーカーシリーズ リチャード・スターク
悪道 森村 誠一
アゲイン 浜口倫太郎
朝が来る 辻村深月
明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち 山田詠美
新しい人生 オルハン・パムク
アトミック・ボックス 池澤夏樹
アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎
あやし うらめし あな かなし 浅田次郎
暗幕のゲルニカ 原田 マハ
+
+
+
+
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
兵士たちの肉体 パオロ・ジョルダーノ

アフガニスタンへ派兵されたイタリア軍の若い兵士達を描いたというあまり目にすることのない類の本。

兵士たちのこの戦いに対するモチベーションの低いこと。

なんでこんなところへ来たんだろ、任期をさっさと迎えてさっさと国へ帰ろ、ほとんどそういう空気しかないぐらいだ。

9.11テロ直後、アメリカ国内ではアフガン派兵を指示する人は圧倒的に多かったという。
その後のイラクもそうだが、果たしてアフガン派兵に大義はあっただろうか。

9.11テロはタリバンが起こしたわけではない。

ビン・ラディンをかくまっているかもしれない、という容疑だけ。

ましてアフガニスタンの民間人にはさらに何の罪もない。

そして、その敵とみなされるタリバンにしても一旦武器を下ろしてしまえば、民間人との区別がつかない。

アメリカがかつてベトナムで味わったような民間人か敵かわからない、いらいら感を各国の兵士は味わったことだろう。

イタリアの若い兵士たちはその見えない戦いで凄惨な犠牲者を出してしまう。

この本にはいろんなタイプのイタリア兵が登場する。
マザコンの童貞クン。
高額な衛生通信料を払ってネット上の仮想彼女と燃え上がる男。
皆のリーダーでありながらも女に身体を売る男娼だった小隊長。
そして、ほぼ主人公的な役割りなのが、うつの薬を服用する軍医。任期満了になっても帰国を断る人。

フィクションでありながらも「フォブ・アイス」という舞台で起こった惨劇は実際に起こったことをモデルにしているのいだという。

少々眠たいのを我慢する必要はあるかもしれないが、少々珍しいイタリア版戦争文学と言えるのだろう。


兵士たちの肉体 パオロ・ジョルダーノ 著


24/Aug.2014