読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Dec.2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
レベル7 宮部みゆき著 宮部みゆき

久しぶりに宮部みゆきさんの本を読みました。
宮部みゆきさんと言えばあまりに『模倣犯』が印象的で他の本がかすんでいました。
でもこんな本があったのですね。
レベル7。
ゲーム好きで知られる宮部さんの事ですから、ゲームの様にレベルがどんどん上がって行ってその行き着く先は・・・なーんて思っていましたが、そのじらす事と言ったら・・。
なかなかレベル7の実態を明らかにしてくれない。

ある日、起きてみると見知らぬ部屋で寝ている。隣りには見知らぬ女性が。
昨晩、酔っ払ったのだろうか。記憶は片鱗も無い。
よくよく考えて見ると自分の名前さえ思い出せない。

隣りの女性も同じ状況で全く記憶が無い。
思考回路だけはお互いしっかりしているのだが、名前も住所も何もわからない。
お互いに記憶の無いまま部屋を調べるともちろん心あたりの無い札束の入ったスーツケースが出て来たり、覚えの無い拳銃が出てきたり・・。
記憶、記憶と思いつく記憶を探ってみると
鉄砲伝来=1543年 そんな過去に歴史の受験用に覚えた記憶だけはしっかりと残っている。

一体、俺たちは何をやってしまったんだろう。
俺たちは何者なんだ???
冒頭から快調です。
読む人を引き付けてしまう。

そして彼ら二人の話と交互に登場するのが、電話での悩み相談室の様な所で働く女性。
悩み相談に電話をして来た女の子が行方不明になり、その捜査を行おうとする。

一体どこで繋がるんだ・・と読者をやきもきさせながらもなかなか繋げてくれない。

精神病院の院長であり、某地方の名士でもある村下猛三と言う人。
ホテルの経営にも手を出し過去に火災で多くの死傷者を出したという設定。
スプリンクラーの不備、火災報知器の不備、そして空洞施工。
何もかもあのホテルニュージャパンの横井英樹をとそっくりです。

横井英樹という人は火災そのものよりも寧ろ人命救助よりもホテル内の高級家具の運び出しを指示したとして世間の非難を浴び、業務上過失致死にも問われましたっけ。
白木屋乗っ取りを始め数々の企業の乗っ取りで「乗っ取り屋」の名前を欲しいままにした人で、つい先日亡くなられた城山三郎氏の名作『乗取り』のモデルと言われています。
あのホテル火災はかなりひどい話だったでしょうが、ここに出て来る村下猛三という人、横井英樹よりもかなり小物に過ぎないですが、やっている事は横井英樹の比では無いでしょう。
精神科医という立場を利用して、人の精神まで貪るというのはもはや人間では無いですね。
悪魔の所業でしょう。

という事でゲームの設定なのだろうか、と思わせる「レベル7」とはいったいなんなのか。
それは読んでのお楽しみです。

レベル7(セブン)  宮部 みゆき (著)


27/Mar.2007