読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Nov.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
独居45 吉村萬壱

なんだろう。
異物を飲み込んだようなこの変な感じ。

冒頭から読めば読むほど、気分が悪くなって行く。
途中で何度、読むのを放棄しようと思ったことか。

それでも新聞の書評やらでやけにベタ誉めしていたしと、続行していく内にどうにも気分の悪かった話がだんだんと最後はどうなるのだろう、と最後まで読みたくなってしまうのだから不思議だ。

ある街へ一人の男が引っ越してやってくる。
男は何故かいつも上半身裸。
彼は作家なのだという。

彼の主張は、
人間の残虐性は何もナチスドイツに限られたことではない。
人間はみな、残虐性を持っている。
人間はみな、人間という同類を殺しまくる残虐極まる狂った種であるという考えを持ち、本ばかりか講演会でもその考えを街の人にぶつける。

その後、家の中に籠りっきりとなるが、その家の中からは呻き声や悲鳴や絶叫が家からは聞こえて来る。
そればかりか屋根に血に塗れた全裸の女マネキンを置いてみたり、巨大な手を据えてみたり・・・と、彼の奇怪な行動はエスカレートし、子供達からは妖怪退治だとばかりに窓へ石を投げられる。
やがて町民の方もエスカレートし、街のいわゆる普通の人たちが彼に石を投げ始める。

くしくも彼の主張通り、普通の人たちが自分たちの常識の範疇外の行動を取る人間に対しては残虐性を発揮してしまうわけだ。

それにしてもまぁ、この本に登場する男たちはなんでこんなに至る所で勃起するのだろう・・・。



独居45 吉村萬壱 著


07/Apr.2014