読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Nov.2017
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
ガラスの巨塔 今井彰

この著者、あのプロジェクトXの生みの親のプロデューサーである。
本の前半で繰り広げられるのは、主人公西氏の活躍ぶり。
1991年の湾岸戦争の時にイラク軍の捕虜となった米軍兵士。米軍兵士しては屈辱的な放送を流されたその兵士のアメリカの両親を取材し、息子を兵に取られた親の辛い思いを映像にし、それが終わるや、実際に捕虜となった兵士の取材へ飛ぶ。
それだけでもまだ飽き足らず、実際にかれの乗っていたF16戦闘機が墜落した映像をおさめようとイラクへ飛ぶ。

そのドキュメンタリーは絶賛され、芸術作品賞までもらう。

その他にもドキュメンタリーものをいくつか手掛け、評価された主人公西氏は「チャレンジX」という番組をプロデューサーとして取り組む。

「チャレンジX」というのが、「プロジェクトX」を指すのはだれが読んでもすぐにわかる。

ならば、本業でのやり方と同様にドキュメンタリーとしてこの本を書けば良かったのに、何故、わざわざ名前や番組名を変えて敢えて小説というスタイルを取る必要があるのか。
自らの作ったものに絶対の自信と誇りを持っているのは大いにわかるし、それはそれで良いことなのだろうが、第三者に取材させた格好でまとられたものと違い、自分で自分を小説の主人公にしてしまっていると、なんだか、自分の自慢を良くそこまで書けるなぁ、と変に感心してしまったりする。

それでも、なんとか小説として割り切って読み終えてしまおう、と読み進めるうちに、著者の目的がだんだんと見えて来た。

これは小説という体裁を取り、一応架空の名前を使用してはいるが、告発本でもあり、暴露本でもあり、それより何より復讐本なのだ。

NHKという巨大組織、社員1万人。関連グループ3000人。全国各地に莫大な不動産を持ち、黙っていても7000億円の金が転がり込む。世間で言うところの不況などとは無縁の会社。これらの数字はこの本の記載によるもの。本の中では日本放送協会ではなく全日本テレビという名前だったが・・。

その金遣いの粗さはかねてから、良く言われる。

この本の中でもイラクへ取材に行こうとした主人公がヨルダンのNHK記者に挨拶に行ったところ、首都アンマンのインターコンチネンタルホテルのスイートルームに陣取って、短パン、サンダルというラフな格好で酒を飲みながらリゾート気分を謳歌していたり。

バグダッドでは、先にイラク情報省へ取材したNHK記者が多額の米ドルをばらまいたために他国の取材者は同様に金をせびられ、大いに迷惑した、と他国のメディアはNHKへ憤りを見せる。


同じようなことがかつてNHKがシルクロードを特集した時もあった。
取材協力者として映像を映した村人に多額の金をばらまいたため、後にシルクロードへ入ろうとした普通の取材者は一様には迷惑した、という話である。

そんな金にいとめをつけない組織だからこそか。
官僚主義が蔓延していて、物作り=番組作りを行う人間よりも、上司にうまく取り行る人間が出世して行く。

そんな組織の中での「プロジェクトX」だ。

「プロジェクトX」は確かにいい番組だったし、感動した覚えもある。

放送界の天皇とまで呼ばれた当時のNHK会長が、「プロジェクトX」とそのプロデューサーである主人公を評価し、プロデューサー氏は二階級特進の出世を射止める。

「男の嫉妬は怖いわよ」と当時の女性役員が主人公に言う。


絶大な権力を持った会長が社内の不祥事で辞任に追い込まれると、特進した主人公氏を妬んでいた部長だの局長だのが、こぞって主人公氏の不祥事を暴こうとし、「プロジェクトX」も潰そうとする。

組織の有り方もいいものを作って評価されることよりも、減点主義で問題を起こさないことのみを重視するようになる。

本書の帯には 「この小説を書くためにNHKを辞めた」 とある。
著者はこの本で実名ではないにしろ、内部の人はおろか、ちょっと調べる気になればすぐに誰だかわかるような悪意ある人たちがこれまでどんなひどい行いをしていたかを暴露することで復讐を図ろうとしたことは間違いない。

どこかの料亭で集まって、主人公氏を追い落とすための作戦会議の模様などが、何度も書かれるのだが、これは裏付けあってのことではないだろうから、小説形態なのか。

「自分を蹴落とすために集まって謀議を図っていたはず」などということは逆の立場から言えば、思い込みも甚だしい、と一蹴されるだろう。

通常の民間企業だって数年前よりコンプライアンスの部門が立ちあがって、現場のやる気を殺いでしまうことなど多々ある話。
不祥事があった会社であれば尚更だ。

確かに「プロジェクトX」というヒット商品を作って、賞を総なめにして名が売れたプロデューサーに対する妬みや嫉妬があったことは想像できるが、ここまでその個人達を追求するのなら、やはり元来の取材屋の本領を発揮してXX部長が週間○○に情報を売っていた事実を突き止めるなりをして、訴訟も辞さずの気構えでドキュメンタリーにして欲しかった。

ちょっと小説とは呼べない小説なのです。


ガラスの巨塔 今井彰  著 プロジェクトXのチーフプロデューサーによるNHK批判本


20/Jan.2012