読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Oct.2017
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
夜明けの街で 東野圭吾

ざっとあらすじ

主人公の渡部には妻と娘がいる。結婚生活は穏やかで、不倫をして家庭を失うような男は馬鹿だと思っていた。
しかし、契約社員として入社してきた秋葉とあるきっかけで親しくなり、深い仲になっていく。
やがて渡部は、秋葉が15年前に起きた殺人事件に関係している事を知る。時効を目前に二人の関係と事件に変化が起ころうとしていた。

不倫とミステリーが混ざったらかなりハラハラドキドキものになるのではないかと思ったのですが、期待はずれでした。
それは不倫相手の秋葉や渡部の妻があまりにも非現実的な女性に思えて、物語に入り込むことができなかったからだと思います。
だからなんとなく秋葉が関わる事件にも興味が持てず、その結末にも驚きや感動を感じられずに終わってしまいました。

でも主人公渡部はすごくリアルに描かれていました。
不倫などしないと思っていた気持ちが秋葉に惹かれるにつれて変わっていく様子や、後半秋葉に対して恐れを抱き始めるところなど、共感はしたくないけれど人間ならありえることなのだろうなと思わされてしまいました。
弱くずるくなっていく様子が本当にリアルで、嫌な気分になるほどでした。

事件の真相がわかり、渡部と秋葉は別れます。
そして渡部は家庭に戻り、妻が不倫に気づいていたことを知ります。
妻が渡部のいない間に握りつぶしていたらしいクリスマスの飾りを見つけることによって。
それに対して渡部がどうしたかわからぬまま物語は終わりますが、この流れだと気づかなかった振りをして平然と暮らすのかなと思いました。

やはりこの結末にはかなり無理がある気がしてしまいます。
握りつぶすくらいならもっと前に何か言いそうなものだし、もう少し人間らしいリアクションが他にもあったほうがおもしろいのにと思いました。
渡部とストーリーに都合よく女性が描かれすぎているのが残念でした。

私としては「夜明けの街で」の番外編、友人新橋の物語のほうがおもしろいと思いました。
本編では渡部の不倫を止めながらも協力してくれる友人として登場する新橋の、かつての不倫物語。
奥さんの気持ちも不倫相手の気持ちも女として理解できて、それに疲れる新橋の気持ちも理解できました。
新橋がどうして不倫に対して助言やアリバイ作りが上手だったのかがわかって笑えます。
そんなこんなで、ミステリー要素が吹っ飛ぶくらい不倫一色の物語。
不倫なんて物語の中だけに存在していてほしいと思ったのでした。



夜明けの街で  東野圭吾 著


22/Sep.2011