読み物あれこれ(読み物エッセイです) 検索エンジン MMI−NAVI

読み物あれこれではスタッフが各々勝手きままな読書感想文を書いております。暴言・無知・恥知らず・ご意見はいろいろお有りでしょうが、お気に召した方だけお読み下さい。
   
Dec.2017
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
著者検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
作品検索
+ ア行
+ カ行
+ サ行
+ タ行
+ ナ行
+ ハ行
+ マ行
+ ヤ行
+ ラ行
+ ワ行
文学少女と神に臨む作家 野村美月

『死にたがりの道化』では、太宰の人間失格をモチーフに、『飢え渇く幽霊』では「嵐が丘」をモチーフに・・と原作をモチーフに、それを題材にして且つ原作を掘り下げて、そんな読み方もあったのか、という切り口も入れながら作者ならではの新たな物語を再構築するという試みなのだが、連作が進んで行く内に原作の再構築という姿ではおさまりきれず、原作をモチーフにしながらも平成の世の学生達を役者に揃えての作者の独自の長編物語が頭角を表して行く。

『繋がれた愚者』では武者小路実篤の「友情」を、『穢名の天使』では「オペラ座の怪人」を、『慟哭の巡礼者』では宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフにする。

この『慟哭の巡礼者』で完結するものと思っていた。
この話のエピローグであとは読者の想像に任せるものだと。
と思いつつも名作をモチーフにした新たな物語づくりというものに期待を寄せてもいた。
『慟哭の巡礼者』で描かれる「銀河鉄道の夜」。カムパネルラとジョバンニの心内をこんな風に読むんだ、と感心しつつも実はその名前すらもこれを読んでいる内にかろうじて思い出した程度で、ストーリーすらほとんど忘れかけていた。
読んでは忘れ、読んでは忘れ、読書とはそんなもの、ぐらいに思っていたのかもしれない。でもこの作者の野村美月という人は何度も何度も読んで読んで、また更に別の切り口で読んでおられるのだろう。

主人公はかつて14歳で井上ミウという女の子の名前で小説を書いてしまい、それが新人賞をとってしまった男の子。
細かいことは書かないが二度と小説など書くまいと思って高校に入って出会うのが、自ら文学少女と名乗る天野遠子という先輩。
遠子先輩はまともな食事は一切味わえない。
食事は本。
本を契っては食べ、これはレモンパイの甘酸っぱい味わい、とかしょっぱい、にがい、などと味合う。
本を味合うっていうのはわからなくもないが、比喩ではなく実際に食べてしまうのはどうなんだ、と思いつつもそこはご愛嬌だ、と流せしてしまう。

主人公の男の子の周辺には常に女の子の登場人物が現れ、男の子は流されるタイプで心の強い女の子が物語をリードして行く、そういう形式の話が近頃の若者向けの物語には多いように思えるのは気のせいだろうか。
西尾維新なんかの本の中でも主人公の周囲には常に複数の強い女の子が居て主人公はモテモテだったりする。

それはさておき、このシリーズでは毎回モチーフの文学作品の登場人物にこの本編の登場人物が置き換えられ、話を展開して行く。
嵐が丘のヒースクリフが登場人物に重なり、オペラ座の怪人のファントムがまた別の登場人物に重なり・・・。

物語にはその登場人物の数だけの読み方があるのだ、と遠子先輩は言う。
そしてそれだけの複数の読み方をこの物語で実践してみせ、且つこの本編の登場人物分の物語を作者は作りあげていく。

だから、井上ミウが書かなくなった理由となる問題がクリアになった『慟哭の巡礼者』だけではまだ終わらなかった。

学園理事長の孫娘で大抵の事は頼めばなんとかなってしまうような存在でありならも脇役の一人であった麻貴先輩を『月花を孕く水妖』として泉鏡花の作品をモチーフに描き、さらに最後は文学少女の主役たる遠子先輩の存在を、その家族をアンドレ・ジッドの「狭き門」をモチーフにした『神に臨む作家』上下巻で完結させる。

この遠子先輩という人、明るく、大きく、時におっちょこちょいで無邪気でお気楽で、しかし強く、とにかく前向きでひたむきで・・・だが切ない。
その切ない文学少女の主役たる遠子先輩の存在を、その家族をアンドレ・ジッドの「狭き門」をモチーフにした『神に臨む作家』上下巻で完結させる。

作者はあとがきで毎巻、改稿、改稿、改稿の連続だったと書いている。
そりゃそうだろうと思う。
この作者の挑んだチャレンジに感服すると共に、本というのは作者と出版社の担当との二人三脚なところもあるんだろうな、と思ったりもするのでした。


20/Oct.2009